『ある天文学者の恋文』 永遠の愛のつくり方

 『ニュー・シネマ・パラダイス』『鑑定士と顔のない依頼人』などのジュゼッペ・トルナトーレ監督の最新作。
 音楽はいつものようにエンニオ・モリコーネ
 原題は「CORRESPONDENCE」で、「文通」とか「通信」といった意味とのこと。

ジュゼッペ・トルナトーレ 『ある天文学者の恋文』 エイミー(オルガ・キュリレンコ)は亡くなったはずのエド(ジェレミー・アイアンズ)からメッセージを受け取る。


 不倫関係にある天文学者エド(ジェレミー・アイアンズ)と教え子のエイミー(オルガ・キュリレンコ)。ふたりは愛しあっていたものの、エドには家庭があり頻繁に会うことはできない。それでもメールやスカイプなどでのやりとりがふたりをつないでいる。
 ある日、エイミーは突然エドの死を知らされる。しかしその後にもメールや手紙、メッセージ付きの花などエドからの連絡は続いている。いったいどういうことなのか? エイミーは真相を探るためにエドの暮らしていたエディンバラへと向かう。


 ※ 以下、色々とネタバレあり!

 天文学にたずさわるふたりの恋愛ということもあって、並行宇宙だとかその他の難しげな理論も顔を出す。死者からの便りということでSF的な展開を感じさせなくもないし、前作『鑑定士と顔のない依頼人』のようにミステリー仕立ての部分もあるのだけれど、意外にもシンプルな恋愛ものになっていたと思う。
 エイミーの論文は「死せる星との対話」という題名だった。今、この瞬間に夜空に輝く光は地球に届くまで長い時間を旅してきたものであり、現在の姿ではない。天文学者の仕事はすでに消滅しているかもしれない星との対話のようなもの。これはもちろんエドとエイミーとのやりとりのことをも指していて、エドは病で亡くなっていたことが明らかになる。
 遺書というのは死者からの手紙だが、それは通常一度限りのものになる。しかし、この映画でエドが用意した手紙やメールは一度だけではなくいつまでも続いていく。もともとエドは勘のいい人物で、エイミーの行動を予測して魔術師のような先回りを演出して彼女を喜ばせたりしていた。エドはすべての可能性を考え、分岐する世界のそれぞれに適合するようなメッセージを残していたということになる(きちんと中止や再開までもが予定に組み込まれている)。
 
『ある天文学者の恋文』 オルガ・キュリレンコの一人芝居のように進む。

 『君の名は。』(実はまだ観ていない)が大ヒット中の新海誠監督のデビュー作『ほしのこえ』では、遠く離れた主人公ふたりの距離感が強調される。戦争で宇宙の彼方へ行くことになった少年だが、通信手段はメールしかない。しかもメールが届くのには8年半もの時間がかかる。そのころ相手がどうしているかなんてまったく予想もつかないだろう(それでも心のなかではつながっているというのがミソなのだろう)。
 しかし、この『ある天文学者の恋文』ではそうした距離は感じられない。映画のなかに登場する「かに星雲」は7000光年の彼方にあるのだという。たとえ光の速さで進んだとしても7000年かかるというわけで、人間がたどり着けるような場所ではない。「この世」と「あの世」の距離はそれ以上にはてしないものだろう。それにも関わらずこの映画ではいかにもタイミングよくメールが届き、エイミーを癒してみたり将来への指針を与えたりもする。エイミーはいつでもエドに見守られているような感覚になるだろう。
 もちろんエドは魔術師ではないし、神様でもない。タネを明かしてしまえば、エドが生前に自分が信頼する人間にメッセージを託していたということになる。エドがどれだけのメッセージを用意していたのかはわからないけれど、エイミーの今後の人生の節目にメッセージが届くとすればエイミーにとってはエドの存在は永遠みたいなものになるのかもしれない。

 何ともロマンチックな話だけれど、その設定を整えるためにかなりご都合主義な部分も見受けられる。エドの周囲の人物があまりに協力的で、エイミーを恨んでも当然のエドの娘までもが親切にしてくれるのは美談すぎて気味が悪い。エイミーの抱えるトラウマも、エドがその後を心配して「見守りシステム」を作り上げるための原因として必要とされたのだろう。ただそのトラウマによって臨時仕事としてスタントをこなしていたりもして、星空を見上げるロマンチストの部分と火だるまになってみたりする破滅的な部分が妙にちぐはぐに感じられた。
 とはいえエイミーを演じるオルガ・キュリレンコはとても美しい。エド役のジェレミー・アイアンズは冒頭に登場して以降は録画された動画のなかにしか出番はなく、あとはオルガ・キュリレンコの一人芝居のように進んでいく。だからかどうかはわからないけれど、あまり必然性がない場面でも意外にオルガ・キュリレンコのサービスカットも多い。オルガ・キュリレンコが気になる人にはお薦めかと。

ある天文学者の恋文 [DVD]


ある天文学者の恋文 [Blu-ray]



ある天文学者の恋文 (小学館文庫 ト 5-1)


ほしのこえ(サービスプライス版) [DVD]


スポンサーサイト
Date: 2016.09.25 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (8)

『鑑定士と顔のない依頼人』 絢爛豪華な引きこもり

 『ニュー・シネマ・パラダイス』ジュゼッペ・トルナトーレ監督の作品。先月、DVDが発売となった。

ジュゼッペ・トルナトーレ 『鑑定士と顔のない依頼人』 肖像画に囲まれた隠し部屋の鑑定士。


 天才的な能力を持つ鑑定士ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)は、ある女性から鑑定依頼を受ける。姿を現さず、約束も守らない依頼人に苛立ち、何度もその依頼を断ろうとする鑑定士だが、屋敷で見付けた奇妙な部品に惹かれて作業を進めることとなり、次第に若い女性である依頼人の存在が気にかかるようになっていく。

 構成はミステリー仕立てになっていて、なぜ依頼人クレアが姿を見せないのかという謎が物語を牽引していくわけだが、多くの人はその謎がどうにもきな臭いのに気が付くだろう。
 トルナトーレ監督が映画化する前に書いた小説では、この作品の誕生にかかるエピソードが序文に載せられている。最初のアイディアでは、部屋にこもった極端に内向的な少女の姿があり、そのモチーフからこの作品はスタートしているようだ。出来上がった作品は最初のモチーフとは離れた形ではあるが、引きこもった女と引きこもった男(鑑定士は隠し部屋で絵画に囲まれて悦に入っている)がつながる物語となっている。
 引きこもりを外部の社会と結びつけるのは難しい。村上龍の引きこもりをテーマにした小説『最後の家族』では、部屋の穴から覗いた異性の姿がその後の展開を呼び込んだ。これもかなり無理のある展開ではあるのだが、そうでもしないと引きこもりの物語は動き出さないわけだ。
 この『鑑定士と顔のない依頼人』でも、広場恐怖症だとして引きこもっていたクレア(シルヴィア・ホークス)が姿を現すと、急激にその病気を克服していくのはどこか不自然な感じは否めない。引きこもり脱出のきっかけが異性であることはよくある話だとしても、その相手はすでに老境に達した男だし、クレアが興味を持つとすれば鑑定士が持つ金銭以外ないわけで、自ずとその後の展開は推測できる。

 ※ 以下、ネタバレあり。

『鑑定士と顔のない依頼人』 クレアはこの屋敷に引きこもって暮らしている。

 結末から言えば、鑑定士に近づいたクレアは詐欺師たちのひとりで、鑑定士はものの見事に騙されることになる。鑑定人ヴァージルの周りにいた人たちはほとんどすべてが詐欺師たちであり、金持ちの老人である鑑定士は秘かにコレクションしていた高価な絵画を根こそぎ奪われる。美術品に関しては天才的な鑑定眼を持つヴァージルだが、女性に関してはド素人で、「慣れないことに手を出すと碌なことがない」といった教訓譚とも言える。
 哀れな老人はすべてを奪われ、失意のなかでその後の余生を過ごす。そんな終わり方にも思えるのだが、それと同時に別の印象も残る。騙されたとはいえ、童貞だった鑑定士がうら若き女性と短い逢瀬でも過ごすことができたのはかけがえのないことなのかもしれないとも感じさせるラストなのだ。
 クレアは鑑定士に「たとえ何があってもあなたを愛してるわ」と涙ながらに告白しているが、そうしたことが未だに鑑定士の心に刻まれている。そのため鑑定士は詐欺被害を警察に届けることはしなかったし、「何らかの事件に巻き込まれて、クレアは自分に会いに来ることができない事態にあるのかもしれない」といった妄想にすら囚われているのかもしれない。
 「いかなる贋作の中にも必ず本物が潜む」という言葉は、完全なコピーを作るはずの贋作者でもその作品のなかに「自分の“印”を残したくなる」という、鑑定士としてのヴァージルの知恵だ。クレアがもう一度訪ねたい場所と語っていた、プラハの「ナイト・アンド・デイ」という店は実際に存在していたわけで、鑑定士はその部分にクレアを名乗っていた女の真実の部分を見出し、「もしかすると偽りの愛のなかにも本当の愛がなかっただろうか」という妄想のなかに浸るのだ。
 潔癖症のため手袋をしたまま、自分専用の食器で孤独で豪華な食卓に着く鑑定士は、それなりに満ち足りた姿だった。それと同じ構図のラストだが、その中身はまるで違う。すべてを失い、女との逢瀬を反芻しつつ、戻っては来ない女を待ち続ける姿。一体、どっちが幸福なのだろうか。そんな複雑な印象を残すラストだった。

 ちなみに事件の首謀者はビリー(ドナルド・サザーランド)という鑑定士の相棒で、ビリーは鑑定士に作品を認められなかったことを恨みに思って犯行に及んだとみられる。ビリーは何年にも渡る壮大な詐欺の計画を練っているものの、ところどころで鑑定士にすべてが嘘であるという“印”も示しているように思える(計画的に小出しにされる自動人形の部品とか、クレアという偽名の出所とか)。クレアが姿を消したときには、「愛さえも偽造できる」のだと、彼女の感情が偽りだった可能性をわざわざ鑑定士に示唆したりもするのだ。
 また、屋敷にはビリーの描いた肖像画が掛けられていた。鑑定士はその絵を価値がないと見抜いていたが、ビリーの作品とまでは気付かなかった。鑑定士がビリーに敬意を払い、その作品の特徴にも充分な注意を払っていたら、もしかすると詐欺事件の裏にいるビリーの存在に辿り着いたかもしれない。ビリーの贈った肖像画の裏には「親愛と感謝を込めて」と記されていた。これは皮肉なのだろうが、ビリーは鑑定士に自らの存在を認めてほしいといった願望もあって、様々な“印”を残していたのだろうか?

鑑定士と顔のない依頼人 [DVD]


鑑定士と顔のない依頼人


Date: 2014.09.13 Category: 外国映画 Comments (2) Trackbacks (1)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR