FC2ブログ

『クリード 炎の宿敵』 最後はやはり根性か

 『クリード チャンプを継ぐ男』の続編。『ロッキー』シリーズのスピンオフの第2章。
 監督はスティーヴン・ケイプル・Jr

スティーヴン・ケイプル・Jr 『クリード 炎の宿敵』 手前にアドニス・クリードとヴィクター・ドラゴ。その奥にロッキーとイワン・ドラゴ。

 本作では「なぜ闘うのか」ということが何度も問われることになるわけだけれど、ボクシング映画として重要なのは「闘う相手」でもあったりするわけで、亡きアポロ・クリードの息子アドニス(マイケル・B・ジョーダン)に因縁があるとすれば、その父親の遺恨の相手であるイワン・ドラゴしかいないということなのだろう。
 自由と資本主義のアメリカと、共産主義のソ連という冷戦時代を象徴したような作品が『ロッキー4/炎の友情』だった。ソ連は科学技術を駆使して戦闘マシーンのドラゴを作り上げ、アメリカの国旗を身にまとって闘うアポロはアメリカそのもので、ジェームス・ブラウンが登場する入場シーンの派手さは『ロッキー』シリーズのなかでも特出していた。
 その『ロッキー4』でドラゴに殴り殺されたアポロ。『クリード2』ではその息子たちが対決することになる。ロッキー(シルベスター・スタローン)がそれにどう関わるかと言えば、アポロとイワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)との試合中にセコンドにいながらも、試合を止めることを躊躇して親友アポロを殺させてしまったという後悔のなかにいる。同じことを繰り返さないためにも、ロッキーはアドニスとヴィクター・ドラゴ(フロリアン・“ビッグ・ナスティ”・ムンテアヌ)との闘いに反対することになるのだが……。

『クリード 炎の宿敵』 ロッキーの前にあのイワン・ドラゴが姿を現して……。

 前作『クリード チャンプを継ぐ男』は、『ロッキー』シリーズで唯一スタローンが脚本に関わっていない作品だったとのこと。ほかの人たちが『ロッキー』のスピンオフという神輿を担ぐというから、スタローンは悪い気もしなかったからそれに乗っかってみたということなのだろう。しかし、その続編となる本作『クリード 炎の宿敵』では、スタローンも脚本に復帰している。その分、過去の『ロッキー』シリーズとの関わりも密接なものがあったように感じられた。ドラゴ家とクリード家の因縁に関しては『ロッキー4』は必須だし、ロッキー自身の息子との関係は『ロッキー・ザ・ファイナル』ともつながってくるからだ。
 一方で、本作の主役はアドニス・クリードであってロッキーではないことも確かで、ロッキー色を薄めていこうという意識も感じられなくもなかった。というのは往年のファンには鉄板であろうロッキーのテーマ曲も、前作以上に切り詰められているように感じられたからだ。スタローン自身もロッキー役を引退することを示唆していたりもするらしいし、ロッキーのいない『クリード』シリーズというものが続くのかどうなのか……。
 というわけで『ロッキー』シリーズのフォーマットから少しずつ離れつつも、やはり泣かせどころは押さえてもいて、アドニスとヴィクターの闘いは結末はわかってはいてもワクワクするものがあった。
 個人的には冒頭でいきなりイワン・ドラゴの姿から始まるのにビックリさせられ、戦闘マシーンだったドラゴが最後に息子ヴィクターをいたわるようにタオルを投げる場面には涙を禁じえなかった。というか本当はロッキーのほうが逡巡すべき「タオル問題」であるはずなのに、肋骨を痛めて苦しむアドニスにロッキーは「行けるだろ? お前は野獣なんだから」とかの根性論を展開するのがロッキーらしかった。ロッキーはそうやって勝ってきたわけだし。
 それからゴシップネタだけれど、ドラゴの妻ルドミラ役として『ロッキー4』に登場していたブリジット・ニールセンが本作で復活しているところがイワン・ドラゴ再登場以上にビックリした部分。というのもブリジット・ニールセンはスタローンの別れた奥様でもあるからで、そのルドミラは高飛車な態度で悪役に徹している。スタローン自身も脚本に参加しているだけに、ルドミラ役そのものを消してしまうことだってできたはずなのに、わざわざ重要な役柄に据えているのが奇妙でもあった。大物スタローンは小さなことは気にしないということだろうか。

クリード 炎の宿敵 ブルーレイ&DVDセット (初回仕様/2枚組/特製ポストカード付) [Blu-ray]


クリード チャンプを継ぐ男 [Blu-ray]


ロッキー4 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]


ロッキー・ザ・ファイナル (特別編) [DVD]


スポンサーサイト



Date: 2019.01.13 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (4)

『クリード チャンプを継ぐ男』 今年一番泣いた「ロッキー」新章

 『ロッキー・ザ・ファイナル』以来9年ぶりにロッキー・バルボアが帰ってきた。さすがに今回は主役というわけではないけれど、かつてのライバル・アポロの息子のトレーナーとなって新たな物語に魂を注入する。
 監督・脚本は『フルートベール駅で』ライアン・クーグラー

ライアン・クーグラー 『クリード チャンプを継ぐ男』 アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)とロッキー(シルベスター・スタローン)。

 ロッキーと言えば、シルベスター・スタローンの代名詞である。ファンにとっては周知のことだけれど改めて振り返ると、スタローンは『ロッキー』(1976年)の脚本を自分で書き上げ、自ら主役を張ることにこだわった。当時はほとんど無名のスタローンは何とかを低予算で作品を完成させ、最終的には観客の大評判を呼び、アカデミー賞作品賞までも獲得することになった(監督はジョン・G・アヴィルドセン)。
 無名だったボクサー・ロッキーが一夜にしてアメリカン・ドリームをつかんだように、スタローン自身も映画界でのアメリカン・ドリームの体現者となったわけで、スタローンにとっては『ランボー』シリーズや『エクスペンダブルズ』シリーズ以上に『ロッキー』は重要なシリーズと言えるだろう。

 『ロッキー』シリーズは1976年に始まって、2006年の第6作『ロッキー・ザ・ファイナル』まで続いた。その間30年の時間が経過しているわけで、作品のなかの登場人物も作品を追うごとに退場していくことになる。まずはトレーナーのミッキーが逝き、ライバルのアポロがリング上で死に、『ロッキー・ザ・ファイナル』では妻のエイドリアンもすでに亡き人となっていた。今回の『クリード』では、『ロッキー』シリーズで最後まで生き延びていた愛すべき厄介者ポーリーもすでに妹エイドリアンの隣の墓に納まっている。
 退場していったキャラに代わり『クリード』の主役となるのは、『ロッキー』『ロッキー2』でロッキーと死闘を演じたアポロ・クリードの息子アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)だ。アドニスはアポロの遺した愛人の息子という設定。こうして古き者は去り、新しき者が登場する。作品中のミッキーのジムがリニューアルを果たしていたように、『クリード』は『ロッキー』シリーズのフォーマットを借りつつも、一部をリニューアルして物語を受け継いでいる。
 有名なビル・コンティの『ロッキー』のテーマ曲やフランク・スタローン(シルベスターの弟)が歌った「Take You Back」は登場しない(あのテーマ曲は後半ちょっとだけ聴くことができる)。代わりに使用されるのはヒップホップ系の音楽だ。フィラデルフィア美術館のシーンはトレーニングのときではなくて、最後の最後に登場する。すでにロッキーはその階段を駆け上がるほどの足腰ではないからで、ロッキーは病という新たな敵とも闘うことにもなる。

『クリード チャンプを継ぐ男』 アドニスとビアンカ(テッサ・トンプソン)のふたり。

『ロッキー』 ロッキーとエイドリアンのふたり。エイドリアンは最初こんな感じ。メガネを外しても劇的にかわいいというわけでは……。

 個人的に『ロッキー』シリーズには思い入れがあるので、どの作品も観ても泣けてしまう。もちろんシリーズ原点である『ロッキー』が最も出来がいいのだけれど、リアルタイムで観た『ロッキー4/炎の友情』が冷戦時代の影響を受けたひどい代物だとしても、その頃はやはり夢中になってロッキーを応援したわけで、この新作『クリード』も何だかんだと興奮していたし散々泣かされることになった。
 『ロッキー』が一番よかったのは、その物語がアメリカン・ドリームそのものだからだとも思うわけで、一度登りつめた男が堕ちてゆくとは言わないまでも、かつての栄光のなかで苦しみながら踏ん張るのは辛い部分もある(打ちのめされても前のめりに闘うのがロッキーらしいのかもしれないけれど)。『クリード』もアポロが遺した汚点(愛人の息子だから)を、アドニスが自らの力で払拭して夢をつかむという点でアメリカン・ドリームの物語となっているところが魅力的だった。
 もちろんロッキーとは違う点もある。ロッキーとエイドリアンが野暮ったいけれど微笑ましいふたりだったのに対し、アドニスの相手ビアンカ(テッサ・トンプソン)はミュージシャンの卵だったりして結構シャレている。ロッキーがさして面白くないジョークで人見知りのエイドリアンを何とか口説いたのに対し、アドニスはほとんど一目惚れであっという間にいい関係になってしまう。野暮ったい観客としては、ロッキーとエイドリアンのふたりに比べて、アドニスとビアンカはスマートすぎて共感には欠けるかもしれない。

 『クリード』のボクシングシーンは、格闘技「K-1」のときのレフェリーカメラのようにかなり接近した位置から対戦相手を捉えていて臨場感があった。ただアドニスの相手役チャンピオンの“プリティ”・リッキー・コンランはあまり強そうに見えなかった(ボクサーが演じているようなのだけれど)。“プリティ”と呼び名が付くくらいで、タトゥーを背負っていても結構かわいらしいのだ。『ロッキー』『ロッキー2』のアポロが本当に強そうだったのと比べると惜しいところだろうか。アポロの華麗なステップはボクシング映画の表現としてはとても映えるものだったと思う。
 ちなみに『クリード』では、1勝1敗の対戦成績だったロッキーとアポロの三度目の対戦に関しても触れられている。これは『ロッキー3』の最後のふたりだけのスパーリングのことだ。ふたりのグラブが交わる瞬間で『ロッキー3』は終わっていた。そんな最後の対決の結果が、アポロとロッキーだけの秘密だったというのもふたりの友情を思わせてくすぐられるものがある。ロッキーが大好きな人にとっては必見の作品。

クリード チャンプを継ぐ男 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]


ロッキー ブルーレイコレクション(6枚組) [Blu-ray]


ロッキー DVDコレクション(6枚組)


シルベスター・スタローンの作品
Date: 2015.12.29 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (9)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR