『ブルックリン』 ふるさとは遠くにありて思うもの

 アカデミー賞で作品賞・脚色賞・主演女優賞(シアーシャ・ローナン)にノミネートされた作品。
 監督は『BOY A』などのジョン・クローリー。脚本は『わたしに会うまでの1600キロ』などのニック・ホーンビィ

ジョン・クローリー 『ブルックリン』 ラストシーンのエイリシュ(シアーシャ・ローナン)は明るい陽の光を浴びている。

 仕事のないアイルランドからニューヨークへ移住した女性の物語。時代は1950年代で、主人公のエイリシュ(シアーシャ・ローナン)は高級デパートで働いている。この設定は『キャロル』を思わせるのだけれど、『キャロル』のほうが都会のど真ん中といった感じで洗練されている。一方、『ブルックリン』の舞台は題名通りブルックリンで、そこはエイリシュのようなアイルランド系やイタリア系など多くの移民たちが住む場所らしく、異国の地で同胞たちが寄り添って助け合う慎ましい姿がある。

 エイリシュは姉のつてで同郷の神父(ジム・ブロードベント)に下宿も仕事も紹介してもらうのだが、家族も友達もいない場所でホームシックで泣いてばかりいる。そうした気鬱に何より効くのが恋愛で、同じく移民のトニー(エモリー・コーエン)という彼氏ができることですっかり元気を取り戻す。
 トニーはイタリア系だが、その軽薄なノリが合わずにアイルランド系の素朴な女の子が気に入っている。そんなだからふたりの付き合いはとても微笑ましいもので、忙しいけれど少しでも話がしたいからと家まで送り届けるだけのデートが幸せそう。
 しかし順調だったブルックリンの生活に突然の訃報が届く。エイリシュのアイルランド行きを応援してくれていた姉が病で亡くなったのだ。エイリシュはトニーと密かに結婚していたのだけれど、アイルランドに戻ることを余儀なくされる。そこで待っていたのはひとりになってしまった母親であり、ジム(ドーナル・グリーソン)という男性だった。トニーのことは恋しいけれど、アイルランドには母親がいるし、故郷の人々はエイリシュが戻ってきたのを温かく迎えてくれる。エイリシュは故郷アイルランドと新天地ブルックリンとの間で揺れ動くことになる。

『ブルックリン』 黄色のワンピースがシアーシャ・ローナンにとてもよく似合っていた。

 この作品は50年代のアイルランドとアメリカを舞台にしているわけだけれど、現代の日本に住むわれわれが見ても共感できる部分が多い。というのは都会に出てきている多くの田舎者にとっては、エイリシュが感じるような故郷に対する思いはごく自然なものだからだ。「ふるさとは遠くにありて思うもの」などという言葉を何となく思い浮かべていたのだが、実はこの室生犀星の詩は都会に居て故郷を思うものではないらしい。

  ふるさとは遠きにありて思ふもの
  そして悲しくうたふもの
  よしや
  うらぶれて 異土の乞食となるとても
  帰るところにあるまじや
  ひとり都のゆふぐれに
  ふるさとおもひ涙ぐむ
  そのこころもて
  遠きみやこにかへらばや
  遠きみやこにかへらばや

 有名な冒頭部分からは望郷の思いを感じてしまうのだけれど、実はその続きがある。故郷に戻ってそこに居場所はないと知った室生犀星が、遠い都会に帰りたいと詠ったものなのだそうだ。

 『ブルックリン』はこの詩とちょっと似ている。遠くブルックリンで故郷に帰ることを願って泣いていたエイリシュにとって、アイルランドという場所はもちろん素晴らしい場所だ。しかし故郷には田舎なりの窮屈な部分もある。エイリシュは帰郷したことで忘れていたマイナスの部分を再確認し、早くブルックリンに帰りたいと願うのだ。
 アイルランドとブルックリンほどの距離感もないし、室生犀星の詩のように叙情性豊かでなくても、そうしたことは都会にいる田舎者たちの多くは感じている。たまの休みには田舎に帰りたいなどと思って帰ってみるものの、やっぱり田舎は田舎らしく退屈で窮屈で、今度は逆に都会に帰りたいと思うのだ。
 この映画の題名が『ブルックリン』となっているのは、エイリシュにとってブルックリンが第二の故郷だと感じられそこが帰る場所となったからであり、そこで生きていくことを決心したからということなのだろう。

 ラストではブルックリンに帰ってきたエイリシュが、陽の光を浴びてトニーのことを待ちわびている。エイリシュは故郷に母を残すという決断をしたわけだけれど、ラストの希望に満ちた光がエイリシュの未来を示しているようで明るい気持ちにさせてくれたと思う。
 この映画ではこうした色彩感覚がとても見事だった。アイルランドでは緑という色が国の色となっているらしく、エイリシュも出港する船の上では緑色のコートを着ていたり、カーディガンや水着の色にも緑が使われている。(*1)また、ラストの希望の光を思わせるような黄色のワンピースも何度か登場する。その明るい色がエイリシュを演じたシアーシャ・ローナンにとてもよく似合っていた。

(*1) この映画のなかで引用されている『静かなる男』(ジョン・フォード監督作)でも、緑の色はあちこちで使われていた。『静かなる男』はアイルランドの自然の鮮やかさがとても印象に残る作品で、主人公は木々の緑のなかを行く真っ赤なスカートの女性に心を奪われることになる。

ブルックリン 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]


ブルックリン (字幕版)



静かなる男 [DVD]


スポンサーサイト
Date: 2016.07.13 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (5)

『ザ・ホスト 美しき侵略者』 ままならないわたしの身体とわたしの恋

 原作は『トワイライト』シリーズを書いたステファニー・メイヤー
 監督は『ガタカ』『TIME/タイム』などのアンドリュー・ニコル
 主演には『ラブリーボーン』『ビザンチウム』『天使の処刑人 バイオレット&デイジー』のシアーシャ・ローナン
 今年6月に劇場公開され、今月DVDが発売になった。

アンドリュー・ニコル 『ザ・ホスト 美しき侵略者』 主役はシアーシャ・ローナン。寄生されると目が光る。

 人に寄生する生き物ということで『寄生獣』を思わせなくもないが、『SF/ボディ・スナッチャー』などこれまでに4回も映画化されている『盗まれた街』のような宇宙からの侵略者ものである。
 光るアメンボのようなエイリアンの形状は、あの『ヒドゥン』とか『寄生獣』のパラサイト的な代物。そんな弱々しいエイリアンに今では9割方の人間が寄生され、人間とは違う何者かになっているという世界が舞台だ。彼らは“ソウル”と呼ばれる。見た目には目が光るくらいの差しかないが、その肉体に宿っていた元の魂はどこかへ押しやられてしまい、人はまるごと乗っ取られてしまう。
 “シーカー(捜索者)”と呼ばれる一部の“ソウル”たちは、わずかに残った人間を生け捕りにして仲間を増やしている。主人公のメラニーも“ソウル”たちに捕えられ寄生させられてしまう。(*1)しかし、メラニーの強靭な意志は、彼女の肉体を完全に明け渡すことはなかった。メラニーの身体に寄生したのはワンダラー(ワンダ)という名前の“ソウル”で、メラニーの身体のなかには元のメラニーの魂とワンダの魂のふたつが共存し、どちらがその身体のホスト(宿主)になるかの闘いが生じる。

『ザ・ホスト 美しき侵略者』  シーカーたちはなぜか白い服を着ている。

 解離性同一性障害(いわゆる多重人格)では、主人格(ホスト・パーソナリティ)は交代人格のことを知らない(逆に交代人格は主人格のことを知っていることが多いらしい)。交代人格と言うように、主人格を押しのけて別の人格が現れるのであって、それぞれの人格同士が会話をしたりはしない。
 この『ザ・ホスト』では、普段は奥に眠っているメラニーの人格が時折顔を出しては、主人格であるワンダと言い争いをするという奇妙な事態が生じる。『寄生獣』では右手を乗っ取られたシンイチが、自分の右手であるミギーと語り合うことになるが、この映画ではひとつの身体の内部でメラニーとワンダが喧々諤々とやりあうのだ。ポスターにも謳ってあるように「一つの身体に二つの魂」というのがミソだが、ふたつの魂のやりとりは“実際の発話”と“心のなかの言葉”のやりとりのようにも見える。主人公は落語家の語りみたいに一人二役を演じるわけで滑稽なのだけれど、製作陣としては結構大真面目なのがかえっておかしい。
 さらにはメラニーとワンダの間で男を巡っての争いまで生じる。『トワイライト』を書いた原作者が、この作品に恋愛を絡めてきたのは、「自分の愛する人が知らない間に別の何者かになっている」という切なさを狙ったものかもしれない。これは『盗まれた街』にもある主題だ。ただこの映画では視点が異なるから別の方向へと進む。
 メラニーとワンダはどちらが身体の主導権を握り、好きな男にその身をまかせるかで揉めるのだ。ワンダが好きな男はメラニーの想い人とは違うから、元の身体の持ち主であるメラニーは、自分の肉体を別の男に委ねられるのが許せないのだ。メラニーにとっては身体だけが勝手に浮気しているみたいなものなのだろう。だからワンダが男とキスしようと近づいた次の瞬間、メラニーがその男を突き飛ばすという喜劇を演じることにもなる。内部での葛藤があるのだが、単なる情緒不安定な女にも見えてしまうという何となく笑えてしまう映画である。

 “ソウル”たちは特別な能力を持つわけではない(だからエイリアンに襲われる恐怖感はあまりない)。彼らは意外に弱いし、人間との差違はほとんどない。ただ中身が異なるだけ。彼らは人間ほどの狂暴性はないらしく、“ソウル”たちの社会は平穏無事なものらしい。地球に人間がいなくなれば平和になるというのは『寄生獣』と似ている。
 “シーカー”たちは白いスーツに身を包み、メタリックな車を操り、清潔で管理された組織を形成している。アンドリュー・ニコルらしい世界観だし、そこから弾き出された者との争いという主題もこれまでにも見られたものだ。ただ作品の出来としては『TIME/タイム』よりもさらにB級感が漂い、『ガタカ』の完成度にはほど遠い。それほど独自性のある作品ではないけれど、DVDで観るくらいなら楽しめる作品だと思う。

(*1) “ソウル”たちは外科手術で人間の首の裏を切開してボディ・スナッチするわけだが、最初の“ソウル”はどうやってボディ・スナッチしたのだろうか? 

ザ・ホスト 美しき侵略者 ブルーレイ&DVD セット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]


ガタカ [DVD]


TIME/タイム [DVD]


Date: 2014.12.11 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR