FC2ブログ

『ブレイン・ゲーム』 あの作品の続編?

 監督は『トゥー・ラビッツ』のアフォンソ・ポヤルト(もしくはポヤート)。
 製作総指揮には主演も務めるアンソニー・ホプキンスが名前を連ねている。
 原題は「Solace」「慰め」という意味。

アフォンソ・ポヤルト 『ブレイン・ゲーム』 クランシー(アンソニー・ホプキンス)は超能力者。犯人役のコリン・ファレルは作品中にはなかなか出てこない。


 証拠もなく行き詰った連続殺人事件の捜査ため、FBI捜査官ジョー(ジェフリー・ディーン・モーガン)と相棒キャサリン(アビー・コーニッシュ)はある人物に助けを乞う。ジョーの旧友クランシー(アンソニー・ホプキンス)は一種の超能力者であり、彼の能力を借りて犯人を見つけ出そうというのだ。

 クランシーの能力は、触れたものの過去や未来のことがわかってしまうというもの。一般的には「サイコメトリー」などと呼ばれるものらしい。クランシーはジョーと一緒にFBIで働いていたこともあったのだが、ある悲劇によって引退してひきこもった生活をしていた。
 その悲劇とは娘の死だ。クランシーは娘の未来を予知することができたわけだが、娘の病(白血病)は彼の能力によってもどうすることもできない。クランシーは娘の闘病を横で見つめるだけで何もできず、ただ娘が苦しんで死ぬのを見守るだけだったのだ。
 そんな状況のクランシーは捜査への協力を拒むものの、たまたま触れてしまったキャサリンの未来の姿(血を流した姿)を見てしまい、前言撤回してジョーたちに協力することになる。
 しかし連続殺人に証拠は何も残っておらず、被害者に共通点も見当たらない。犯人は一体どんな目的で犯行を続けているのか?

 ※ 以下、ネタバレあり! 結末にも触れているので要注意!!

『ブレイン・ゲーム』 紅一点のキャサリンを演じるのはアビー・コーニッシュ。金髪でセクシー!

 被害者に共通点は何もない。そう思われていたのだが、クランシーは被害者の共通点を発見する。それは被害者が不治の病によって死ぬ運命にあったということ。それがわかったのはクランシーの特殊能力があってのことであり、つまりは犯人も同じような能力の持ち主ということもわかってくる。そして、犯人はクランシーたちの動きをすべて読んでいると宣言するような挑発的な手紙を送りつけてくる。
 実は犯人役のコリン・ファレルはなかなか登場しないのだが、その犯行動機はちょっと珍しいタイプのもの。というのも犯人チャールズは快楽殺人とか自己顕示とは無縁だから。彼は自分の連続殺人を、病によって苦しむはずの患者を事前に救ってやっている“慈悲殺人”だと考えているのだ。さらには「大いなる善には痛みが伴う」みたいな妄言を吐いてクランシーを驚かせる。
 そんな言葉を聞いたクランシーはもちろん反論する。被害者たちの時間を奪う権利はないはずだと。しかし、クランシーは結局チャールズの手のひらの上で踊らされていたようにも見える。というのも回想シーンでわかるのは、クランシーにとってチャールズの行動が「慰め」のようになっているからだ。
 チャールズの考えは極端すぎるし、ほとんど世間に受け入れられることはないだろう。当然クランシーもそれを否定するのだけれど、実際にはクランシーは痛みに苦しむ娘の声を聞き、それが耐えがたくて娘に死の平安を与えていた。その意味ではふたりにはどこかに共感がある。だからクランシーの予知のなかでチャールズは十字架の前に立つ姿で現れる。クランシーにとってチャールズは傍迷惑な存在ではあるけれど、同時に救い主のように見えたのだろう。
 最後に思い出したのは『デッドゾーン』の主人公の孤独だ。彼は未来が見えるために、未来を変えるか否かで逡巡する。未来が見えるのは彼だけであり、彼の未来を変えてしまう行動は誰にも理解されることはない。そんな男の孤独を癒すために、『ブレイン・ゲーム』がつくられたんじゃないかとも思えた。実際には本作は『セブン』の続編として企画されたものとのことらしいし、主人公がアンソニー・ホプキンスだけに『羊たちの沈黙』シリーズを思わせたりもするのだけれど……。
 未来が断片的に描かれる短いカットの連続などはMTV的で派手さもあって悪くないのだけれど、カーチェイスのスピード感のなさにはガッカリさせられたりもしたり、超能力者ふたりが対峙する場面には拍子抜けしたのだけれど、総じて楽しめる作品となっていたと思う。

ブレイン・ゲーム[Blu-ray]


ブレイン・ゲーム[DVD]



デッドゾーン [DVD]


スポンサーサイト



Date: 2018.10.13 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (0)

『ロブスター』 設定は抜群におもしろいのだけれど……

 ギリシャ映画『籠の中の乙女』ヨルゴス・ランティモス監督の初の英語作品。
 コリン・ファレルレイチェル・ワイズレア・セドゥベン・ウィショージョン・C・ライリーという豪華な顔ぶれを見ると、この監督の作品がいかに期待されているかがわかる。私は観ていないのだけれど『籠の中の乙女』は評判がいいらしい。

ヨルゴス・ランティモス 『ロブスター』 かなり豪華な出演陣が名を連ねている。今回のレア・セドゥはエロを封印している。


 ルール1 45日以内にパートナーを見つけること
 ルール2 独身は罪
 ルール3 捕まれば動物になって頂きます

 妻に去られ独身になったデヴィッド(コリン・ファレル)は独身者たちが収容されたホテルに送られる。そこで45日間にパートナーを見つけることができなければ動物に変えられてしまう。デヴィッドの連れている犬も兄の変えられた姿だ。デヴィッドは果たして無事にパートナーを見つけて動物になることを回避できるのか?

 設定は抜群におもしろい。この設定は現実世界の姿を誇張したものだ。世の中に独身者など必要ないという世間一般のごく穏当な考えをグロテスクにして表現したものだろう。この作品世界ではカップルであることが自然の姿とされていて、何らかの理由でひとりになったときは強制合コンみたいなホテルへ収容されカップルになることを強いられる。
 ホテルでするべきことと言えばパートナー探しだけなのだが、なぜか森へ人間狩りに出かけることも日課となっている。森に潜む社会不適合者たちを狩ることで動物にされる日付を先送りすることもできる。実はこの森に住む人間はカップルになることを拒否した独身者たちなのだ。

 もちろん現実世界でもカップルであることは推奨される。というのは次世代が生まれてこなければ社会は成り立たないからだ。この『ロブスター』でもカップルの性交渉は望ましいものとされているらしく、そのために独身者はマスターベーションを禁止され、しかもホテル従業員の扇情的な行為で欲望をさらに駆り立てられ、すぐにでもパートナーを見つけることを強要される。しかし、ホテルでは同性愛カップルも認められているので(なぜかバイセクシャルはダメ)、次世代のことを考えているわけではない。ここではカップルであることが強迫観念のようなものになっているのだ。
 カップルになることを拒否すればこの社会では生きられないわけで、そうなると森のなかに逃げ込むしかない。それでも森のなかに自由があるわけでもない。カップルを強制されない代わりに、恋愛やセックスは禁止される。そして社会をつくらないことを前提としているからか、助け合いは禁止され、自己責任で自己完結しなければならない。自分の墓は自分で掘り、死ぬときは自分で墓に入るべしという極端な取り決めもある。
 
 ※ 以下、ネタバレもあり! 結末にも触れているのでご注意を!

『ロブスター』 デヴィッドは森のなかでレイチェル・ワイズ演じる女と恋に落ちるのだが……。
 
 現実を誇張した作品世界はたしかにおもしろい。そんな世界で登場人物たちはいかにも真面目な顔でバカらしいことをやってのける。そのあたりのギャップが笑いどころなのかもしれない(ベン・ウィショーとジョン・C・ライリーのじゃれ合い以外ほとんど笑えないけど)。
 この作品では設定にしても、登場人物の背景にしても特に説明はない。意味がないことにお付き合いできて楽しめる人ならこの映画には適しているのかもしれないけれど、「なぜなのだろうか」というウブな疑問を持ってしまうような人には合っていないかもしれない(私は後者)。「なぜ動物に変えられるのか」「なぜ人を狩るのか」「なぜカップルに共通点が必要なのか」という疑問は、当然のことと考えられているのかもしれないけれど特段の説明はないのだ。
 主人公デヴィッドがホテルで惹かれる女は、血も涙もない女なのだけれど、そのキャラは背景もなければ意味もないまま放り出される(とても興味が沸くキャラだと思うのだが)。また、カップルたちは互いの共通点探しに夢中になり、共通点を作るために涙ぐましい努力を積み重ねているのだけれど、谷崎潤一郎『春琴抄』的なラストが説得力を持つほど登場人物の内面が掘り下げられているとは思えなかった。
 ちなみに題名はデヴィッドがなりたいと思っていたのがロブスターだったから。本当かどうかは知らないけれど、ロブスターには寿命がなくて生殖能力が落ちることもないのだとか……。

ロブスター [DVD]


籠の中の乙女 (字幕版)


Date: 2016.03.13 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (5)

『ニューヨーク 冬物語』 原作は素晴らしかったが果たして?

 アメリカ文学で非常に評判の高いマーク・ヘルプリンの「Winter’s Tale」を原作とした作品。監督・脚本には、『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞脚色賞を受賞したアキヴァ・ゴールズマン
 出演はコリン・ファレル、ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ、ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリーなど。

『ニューヨーク 冬物語』 白馬アサンソーに乗って逃げるピーター・レイクとベバリー

 『冬物語』と言えばシュークスピアの戯曲だが、それを下敷きにしたエリック・ロメールの同名映画もある。『冬物語』はエリック・ロメールのなかでも好きな作品のひとつで、ラストで起きる出来事に心洗われる気がした。(*1)
 この映画の原作「Winter’s Tale」も、シュークスピアの作品が発端にあると思えるが、それとはまったく異なる世界を見せてくれる小説だ。アメリカ現代文学の傑作などとも呼ばれ、チャールズ・ディケンズやガルシア・マルケス、ジョン・アーヴィングなどの作品と比較されるほど素晴らしいのだ。
 ただ、今年に入って登場した新訳『ウィンターズ・テイル』でも、上下巻合わせて約1000ページという大作だから、2時間の映画にまとめるのは至難のわざと思われ、映画化に当たってはそのエッセンスをいかにコンパクトにまとめるかが、脚本家出身で今回初監督のアキヴァ・ゴールズマンの腕の見せ所だろう。

 『ニューヨーク 冬物語』は日本での扱いはかなり地味だが、出演陣には結構な顔ぶれが揃っている。これは原作の知名度もあるのかもしれないが、脚本家として活躍してきたアキヴァ・ゴールズマンからのつながりも大きいようだ。『ビューティフル・マインド』で共演したラッセル・クロウとジェニファー・コネリーが今回も顔を出しているし、ほかにもウィル・スミスやウィリアム・ハート、エヴァ・マリー・セイントなども登場する。
 ただ、サタン役(原作にはない役柄)のウィル・スミスとその子分みたいなラッセル・クロウとの安っぽいやりとりは、原作のユーモラスな部分を取り入れたのかもしれないが、全体のトーンから浮いていて失敗だと思う。逆にとてもよかったのが、ベバリーの妹ウィラ役を演じたマッケイラ・トウィッグス(単にかわいらしかっただけなんだけど)。


 泥棒ピーター・レイク(コリン・ファレル)は、かつての仲間パーリー・ソームズ(ラッセル・クロウ)から追われているところを白馬に救われる。白馬はピーター・レイクをその背中に乗せ、空を翔るようにパーリーたちから逃げ出す。ピーター・レイクは白馬に導かれ、大富豪の娘ベバリー(ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ)と出会うことになるが……。


 ※ 以下、ネタバレもあり。

『ニューヨーク 冬物語』 ベバリーの妹ウィラ役を演じたマッケイラ・トウィッグス

 映画版はピーター・レイクとベバリーのエピソードに的を絞っている。もちろんこれは当然の選択だ。恋愛が成就した途端あっけなく死んでしまうベバリーと、その後何らかの使命を負い100年の時を越えるピーター・レイクの関係が物語の核にあるからだ。ただ、あまりにスリムにしすぎて、原作のオモチャ箱をひっくり返したようなにぎやかな要素はなくなってしまったようだ。
 原作では第1章で消えたピーター・レイクは、第2章ではまったく登場しない。その間、ほかの登場人物たちの冒険やら成長譚やらがあったりして、そうした脇道も楽しい小説なのだ。映画版はそのあたりは割愛されているため、ハーデスティという重要なキャラクターも消え、ピーター・レイクとバージニア(ジェニファー・コネリー)とのつながりも無視されて、偶然に会ったことになっている(だからラストの必然性に疑問符も)。
 終盤では、ベバリーとバージニアの娘アビーを輪廻転生で無理に結びつけて奇跡を演出しているが、時空を越えた成果として納得の行くものとは思えない。結局、ただの不幸な別人を救っただけなのだから。原作では千年王国の到来を感じさせる壮大な展開も同時に進行するが、映画では身近な範囲のごく個人的な奇跡に留まっているために、余計にピーター・レイクが見出す人生の意義が伝わって来ないのだ。
 奇跡の舞台設定もディズニーアニメの『眠れる森の美女』的なものになってしまっているのもいただけない。王子様がキスをすると美女が甦るというやつだが、ピーター・レイク=コリン・ファレルは王子様には見えないし、美女と言うにはまだ早すぎる少女(しかも病のために丸坊主)にキスするのをためらっているように見える。とにかく感動的な奇跡となるはずが、肩すかしを食らわされた印象なのだ。

 こんなふうに悪口ばかり言っていても、それなりに泣けてしまう部分はある。とは言え、それは原作を読んでいたからだとも思う。多分、原作小説を読めば、映画も観たいと思うだろうが、その逆はないと思う。残念ながら、非常に薄っぺらなファンタジーになってしまったようだ。白馬アサンソーにCGで羽が生えて、ペガサスになってしまうのもやりすぎだろう。

(*1) ほかにも原秀則の漫画『冬物語』なんかもあって、これはかつては自分の本棚にもあったはずだが、今ではほとんど記憶にない。同じ原秀則の『部屋においでよ』は覚えているから、『冬物語』はあまりおもしろくなかったのかも……。

ニューヨーク 冬物語 ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]


ウィンターズ・テイル(上) (ハヤカワepi文庫)


ウィンターズ・テイル(下) (ハヤカワepi文庫)


冬物語―シェイクスピア全集〈18〉 (ちくま文庫)


冬物語 [DVD]


冬物語 全7巻完結(ヤングサンデーコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]


Date: 2014.05.30 Category: 外国映画 Comments (2) Trackbacks (2)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR