FC2ブログ

『ドント・ウォーリー』 Don't Worry, Be Happy

 『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』『追憶の森』などのガス・ヴァン・サントの最新作。
 この作品はロビン・ウィリアムズが『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』公開時から映画化を構想していたものとのこと。
 原題は「Don't Worry, He Won't Get Far on Foot」

ガス・ヴァン・サント 『ドント・ウォーリー』 ジョン・キャラハン(ホアキン・フェニックス)は車椅子の漫画家だ。

 『ドント・ウォーリー』はジョン・キャラハンという実在の漫画家の伝記映画である。彼は車椅子に乗った障害者でありながら、そのユーモアで風刺漫画家として成功した人物。映画の冒頭では、その成功の証しでもあるかのように、ジョン・キャラハン(ホアキン・フェニックス)が講演会で語り出すところから始まっている。
 本作は彼のそれまでの人生を振り返っていくことになるのだが、時系列が整然としていないため取り留めのない印象も受ける。ただ、これには理由がありそうだ。というのはキャラハンの人生を順に追っていったとしたら、かなり精神的にキツい作品にならざるを得ないからだ。キャラハンは重度のアルコール中毒者であり、加えて中途障害者でもある。そこから立ち直るのは苦難の道であり、それを順に追い続けたとするならば観客にとっても耐え難い作品になったかもしれない。
 そもそも本作が映画化されたきっかけは、ロビン・ウィリアムズがそれを望んだから。ロビン・ウィリアムズは友人であるクリストファー・リーヴのために本作を作りたかったらしい(ふたりは学生時代からの友人とのこと)。『スーパーマン』の主役として活躍したクリストファー・リーヴは落馬事故で車椅子生活となってしまったわけで、そんな友人を励ますためだとするならば、本作は苦難の克服だけではない希望に満ちた作品にしなければならないということなのだろう。
 その後、ロビン・ウィリアムズはうつ病の影響で自殺してしまうことになったわけだが、その遺志を受け継いだガス・ヴァン・サントは、本作をとても前向きなものにするために時系列を操作しているものと思われる。

『ドント・ウォーリー』 原題ともなっている漫画。日本語訳では「心配するな、彼は遠くまで行けないんだから」。

 キャラハンは何よりまずアル中であり、その酷い生活が彼を障害者にしてしまう。その後は障害の克服はもちろんだが、アル中の克服も必要ということで、キャラハンはAA(アルコール依存症患者の自助グループ)の会合に参加することになる。
 キャラハンはその会合で、ある女性に彼の自己憐憫を笑われる。実はその女性はアル中に加え、ガンとも闘っていたのだ。「苦しいのは自分だけ」という自己憐憫は通用しないことになり、キャラハンはその会合に居場所を見つけるのだ。
 AAの会合に出席している人はみんなアル中なのだが、それだけではなくほかにも何かを抱えている。主催者であり、キャラハンを断酒に導くことになるドニー(ジョナ・ヒル)は、ゲイでありエイズを患っていることが後に明らかになる。
 キャラハンはAAの会合に出席し、「12のステップ」をひとつずつクリアしていくことで少しずつ真っ当な人間になっていく。これまでの人生で謝罪しなければならない人に頭を下げ、障害を抱えることになった事故を起こしたデクスター(ジャック・ブラック)を赦し、過去の自分のことも受け入れ、酒を飲み始めた原因でもある彼を捨てた母親のことをも理解するようになるのだ。そうしてたどり着いたのが冒頭に出てきたような講演会での晴れ晴れしい表情ということになる。
 その時点から振り返ると、身体が不自由でなかった時代のほうがかえって暗黒時代のようにすら見えてくるのだ。だから本作は障害を描きつつも前向きなものを感じさせるのだ。

 かつてのキャラハンは、朝起きるとアルコールが切れないうちに酒屋に走るという生活だった。それは事故で一変することになる。車椅子での生活は不便だ。常に介助者が必要とされるからだ。ただ、このことは彼が立ち直ることに一役買っているようにも見える。
 というのも、AAの「12のステップ」では自分がアル中であることを認め、その後は「自分を超えた大きな力」に自らをゆだねなければならないとされる。車椅子での生活が常に誰かの介助を必要とするように、アル中から抜け出すにも自分の無力さを認め、謙虚に「自分を超えた大きな力」を求めることが必要なのだ。キャラハンは介助者がいなければ落ちた酒ビンを拾うことすらできないという状況のなかで、「自分を超えた大きな力」の一端を感じる。車椅子生活になったことが彼の成長のきっかけともなっているのだ。
 ジョン・キャラハンの漫画はブラックユーモアに溢れ、時に人を憤慨させたりもするけれど、同時に自分の障害すらも笑い飛ばしてしまうようなものだ。彼はアル中である自分を受け入れ、車椅子のまま誰よりも速く町を疾走し、ものすごい美人の彼女アヌー(ルーニー・マーラ)と共に人生を楽しんでいた。ここには希望を感じさせるものがある。

 AAの会合がなかなかおもしろい面子で、ソニック・ユースキム・ゴードンも顔を出している(観ているときはまったく気づかなかった)。重要な役柄と見せかけて何もしなかったウド・キアはかえって予想外だった。そして、ジョナ・ヒル演じるドニーが美しく描かれているのが印象的で、最後には聖人のように見えてきた。

ドント・ウォーリー[Blu-ray]


ドント・ウォーリー[DVD]


スポンサーサイト



Date: 2019.05.09 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (1)

『追憶の森』 理屈と膏薬はどこへでも付く

 『マイ・プライベート・アイダホ』『エレファント』などのガス・ヴァン・サント監督の最新作。原題は「The Sea of Trees」
 富士山麓に広がる青木ケ原樹海を舞台にした作品。

ガス・ヴァン・サント 『追憶の森』 アーサー(マシュー・マコノヒー)は樹海の奥で自殺を試みるのだが……。


 アメリカから片道切符で日本へやってきたアーサー・ブレナン(マシュー・マコノヒー)は青木ケ原樹海へと向かう。アーサーはそこを死に場所として選んではるばるやってきたのだ。薄暗い樹海の奥にある光の射す場所に腰を据えたアーサーはためらうこともなく薬を飲み始めるのだが、そのとき近くから男の声が聞こえる。血だらけになった日本人の男ナカムラタクミ(渡辺謙)が出口を求めてさまよっていたのだ。

 ネット検索で「the best place to die」と入力すると本当に青木ケ原樹海が1位にヒットするのかはわからないけれど、日本人にとっては「自殺の名所」として有名な場所で特段説明の必要もないだろう。ただ「自殺の名所」という評判は噂がつくった面も多いらしく、ウィキペディアなどを調べてみると、「樹海から出られなくなる」とか「方位磁針が狂う」とかいうのは俗説なのだとか。それでも青木ケ原樹海で毎年結構な数の人が遺体となって発見されることもまた事実らしい。
 この映画ではアーサーはわざわざ金と時間を費やして極東の島国までやってくることになるが、そのほかにも劇中ではドイツからやってきた人物の死体も発見されたりして死ぬにはうってつけの場所という設定になっている。一方で死に切れなかった男タクミは樹海を抜けようと必死だが抜け出すことができない。アーサーは家族に会いたいと訴えるタクミのことを見捨てることもできず、自分の自殺よりも彼のことを助けることのほうが目的になっていく。
 男がふたりでさまよい歩くというのはガス・ヴァン・サントは『ジェリー』でもすでにやっているわけだけれど、『ジェリー』では誰もいない場所で相手の男が邪魔になっていくのと反対に、『追憶の森』では互いのことを励まし合って生き延びるために必要な存在となっていく。

 この作品はカンヌ映画祭ではブーイングで迎えられたという珍しい作品。ブーイングの理由に関してはよくわからないけれど、劇中で描かれていることが世間の常識とかけ離れた衝撃的な問題作ということではないことからすると、ガス・ヴァン・サントというそれなりにネームバリューのある監督だけにかえって陳腐なものとして受け止められたのかもしれない。確かにありきたりな話とは言えるし、この作品の重要な秘密も勘のいい人ならば途中で気がつくかもしれないとも思う。

 ※ 以下、ネタバレあり! 結末に触れているので要注意!!


『追憶の森』 タクミ(渡辺謙)とアーサーは樹海のなかをさまよう。

『追憶の森』 アーサーと妻のジョーン(ナオミ・ワッツ)のありし日の姿。

 ネタバレをしてしまえば、渡辺謙が演じるタクミは幽霊なのだ(反転するとネタバレ)。アーサーは自分と妻ジョーンとの過去についてタクミに話すことになるが、タクミは青木ケ原樹海には霊(スピリット)が漂っているのだと語る。アーサーは若くして死んでしまったジョーンとの断絶を感じているわけだが、タクミは霊を介してこの世界は死者の世界ともつながっているのだということを仄めかしていたのだ。タクミはジョーンからのメッセージをアーサーに伝えることで、アーサーが亡くなった妻といまだにつながっているということを示すことになる。
 なかなか感動的なオチであり、泣かせるところもあるのだけれど、すべてが腑に落ちてしまい「なるほどね」で終わってしまった感じも否めない。隠された謎が明らかにされるとかえって興醒めするということはままあること。そんな意味ではコロンバイン高校銃乱射事件を題材にした『エレファント』では、犯人の少年たちの動機に関しては謎のままだったのと対照的なラストだった。ブーイングするほどひどいとは思わなかったけれども……。

 ガス・ヴァン・サントの『永遠の僕たち』でも幽霊が登場していたが、そこでもやはり幽霊は日本人だった。第二次大戦の特攻隊員だった加瀬亮もだいぶ長い間さまよっていることになるわけだが、『追憶の森』の渡辺謙もついこの最近死んだわけではなさそう。というのも渡辺謙は仕事を干されて資料室へと異動となったサラリーマンであり、バブル期の企業の余裕が感じられるからだ(今ならすぐにリストラされてしまう)。幽霊がなぜか日本人から選ばれるのは何かしらの意味がありそうな気もするが……。
 それにしてもナオミ・ワッツ演じるジョーンの辿る運命はひどい。泣きっ面に蜂というか、あんなに散々な目に遭わせなくてもとちょっと同情した。

【Amazon.co.jp限定】追憶の森(非売品プレス付き) [Blu-ray]


【Amazon.co.jp限定】追憶の森(非売品プレス付き) [DVD]



ジェリー デラックス版 [DVD]


エレファント デラックス版 [DVD]


永遠の僕たち [DVD]


Date: 2016.05.03 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (6)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR