FC2ブログ

『メアリーの総て』 怪物の声は女性たちの声?

 『少女は自転車にのって』のハイファ・アル=マンスール監督の最新作。
 原題は「Mary Shelley」

ハイファ・アル=マンスール 『メアリーの総て』 墓の前に創作するメアリー(エル・ファニング)。美術などはゴシック風で統一されている。

 原題となっているメアリー・シェリーとは、『フランケンシュタイン』の原作者として知られる女性。彼女がどうして『フランケンシュタイン』を書くことになったのかという点に迫るのが本作ということになる。
 文庫本の「解説」や「まえがき」などを読むと、詩人として知られていた旦那のパーシー・シェリーの助言があったことなども書かれていて、勝手に年上の旦那が教え導くような形で『フランケンシュタイン』が生まれたのかと思っていたのだが、それはまったく勘違いだったとも言えるかもしれない。
 パーシー(ダグラス・ブース)は自由恋愛の信奉者であり、メアリー(エル・ファニング)は駆け落ちまでして彼と一緒に過ごすことを選ぶわけだが、裕福ではあるけれど生活力のないパーシーとの生活は楽しいことばかりは続かない。パーシーはほかの女性とも関係を持つし、娘を亡くすという悲劇もあって、メアリーには不満ばかりが募ることになる。

『メアリーの総て』 メアリーとクレア・クレモント(ベル・パウリー)。ふたりは詩人パーシーと一緒に暮らすことに……。

 メアリーが書いた『フランケンシュタイン』という小説では、主人公ヴィクターと彼が生み出した怪物との関係は、神と神が創造したアダムとの関係を類推させるものとなっている。罪を犯したアダムは楽園から追放されることになるわけだが、その後のアダムが創造主の神に対して恨み言を並べたのかどうかは知らないけれど、怪物は創造主であるヴィクターに対して「不当じゃないか」と意義を申し立てることになるのだ。というのも、ヴィクターは自分が創造した怪物をおぞましいものとして放り出してしまうからだ。
 そして、この映画『メアリーの総て』の解釈においては、そうした関係がパーシー(男)とメアリー(女)という関係にまで広げられている。メアリーはパーシーとの出会いによって家から出て新たに生まれ変わったとも言えるけれど、浮気性のパーシーはメアリーを捨て去ることになるからだ。怪物のヴィクターに対する恨み言は、つまるところメアリーのパーシーに対する恨み言ということになるのだ。
 『フランケンシュタイン』という小説は、人造人間たる怪物が登場する怪奇物として有名となったが、実際に読んでみると捨てられた怪物の告白の部分が読者の琴線に触れるところとなっている。メアリーの異母姉妹であり、バイロン卿(トム・スターリッジ)に捨てられることになるクレア・クレモント(ベル・パウリー)が共感を寄せたのもこの部分だった。男性優位の社会において不当な扱いを受けている女性たちの声として、怪物の声を読むことができるというのがこの映画の解釈ということだろう。

 ハイファ・アル=マンスール監督は、デビュー作である前作『少女は自転車にのって』の際にサウジアラビアで唯一の女性監督と話題になった。サウジアラビアはイスラム世界のなかでも女性にとってかなり窮屈なところらしい。『少女は自転車にのって』の主人公の少女はそんな窮屈な世界を天真爛漫さで乗り切っていく。自転車が空を飛ぶ(かのように見える)シーンがさりげないながらも印象的だった。
 そんなふうに女性が窮屈な世界と対峙するあたりは本作も同様。エル・ファニングはいつもどこか頼りなげでぼんやりしているようにも見えるけれど、本作では怒りを露わにするところがちょっと珍しいかも。パーシーに対して「周りを見て。どこに希望が?」と詰め寄るあたりは結構切実だった。

メアリーの総て [Blu-ray]


メアリーの総て [DVD]



フランケンシュタイン (光文社古典新訳文庫)


少女は自転車にのって [DVD]



スポンサーサイト



Date: 2018.12.23 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (3)

『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』 ソフィア女子学園の余計なもの

 『ヴァージン・スーサイズ』などのソフィア・コッポラの最新作。
 1971年のクリント・イーストウッド主演の『白い肌の異常な夜』(監督ドン・シーゲル)のリメイク。
 カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した作品。

ソフィア・コッポラ 『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』 女優陣が着こなす白い衣装が印象的。


 南北戦争時代のバージニア州。マーサ・ファーンズワース女子学園に傷を負った北軍兵士マクバニー(コリン・ファレル)がやってくる。敵側の男とはいえ、瀕死の傷を負った兵士を見捨てるわけにもいかず、傷が回復するまで面倒を見ることになる。女だけの学園に闖入した男によって、女だけで保たれていた学園の秩序が乱されていくことに……。

 キノコと一緒にマクバニーを森で拾ってきたエイミー(ウーナ・ローレンス)にとっては彼はペットみたいなものだったかもしれないし、ほかの一部の少女にとっては危険な敵(ヤンキー)でしかないかもしれないし、マーサ園長にとっては厄介事だったのかもしれない。しかし、それと同時に戦争に味方の男を取られた時代にあっては、マクバニーの存在は女たちの欲望を駆り立てるきっかけにもなる。マーサ園長(ニコール・キッドマン)も介抱をしながらも男の肉体になまめかしいものを感じているようだし、ませたアリシア(エル・ファニング)は積極的に迫ろうとする。そして男を知らないらしい教員のエドウィナ(キルスティン・ダンスト)も気が気ではない。

『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』 マーサ園長(ニコール・キッドマン)とエドウィナ(キルスティン・ダンスト)などがひとりの男に翻弄される?

 この作品は一部でホワイトウォッシングだとして批判されているのだという。というのは『白い肌の異常な夜』には登場していた黒人奴隷の存在が省かれているからだろう。ただ、この作品で省かれているのは黒人奴隷だけではない。上映時間は『白い肌の異常な夜』が105分に対し『ビガイルド』は93分。余計なものをそぎ落とした作品になっているのだ。
 『白い肌の異常な夜』から削られたのは多い。園長マーサの過去(兄との近親相姦)もまったく消されているし、マクバニーが絵画のなかのキリストと重ね合わせられる官能的なシーンもない。これらを削ったのは、ソフィア・コッポラが自分の望むように女たちを戯れさせるためには邪魔だったということなのだろう。
 ソフィア・コッポラはもともと社会問題とかよりは、『SOMEWHERE』でも描かれたようなミニマルな自分の世界のほうに関心があるのだろうと思う。『マリー・アントワネット』ですらほとんど歴史を感じさせず、きらびやかな女の子の世界だったし……。
 白を基調とした衣装を身にまとった女性たちが戯れている様子を見ていると、ソフィア・コッポラがやりたかったのは『ピクニックatハンギング・ロック』なんじゃないだろうかとも思えた(振り返ってみると『ヴァージン・スーサイズ』すらその影響下にあるのかもしれない)。白へのこだわりは徹底的で、彼女たちが最後に編み上げることになるある物すらも、かわいらしい純白に仕上げられることになる(『白い肌の異常な夜』のその色とは対照的に)。
 そんな世界では男っぽい男は不要とでもいうのか、普段はもっと男臭いコリン・ファレルもこの作品では好青年といった印象に留まっている。ソフィア・コッポラにとっては女たちの世界こそが重要なのであって、夾雑物を取り除いて彼女好みの統一感を出すことが必要だったのだろう。その分、こじんまりとしてしまった感じは否めないのだけれど……。
 ソフィア・コッポラが自分を重ねていると思われるキルスティン・ダンストはこの作品でも重要な位置にいるけれど、役づくりなのか年増感が著しいような。

ビガイルド 欲望のめざめ


白い肌の異常な夜 [Blu-ray]


白い肌の異常な夜 [DVD]


ピクニックatハンギング・ロック HDニューマスター<コレクターズ・エディション> [Blu-ray]


ソフィア・コッポラの作品
Date: 2018.03.01 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (4)

『パーティで女の子に話しかけるには』 パンクなエル・ファニングもいい

 『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』ジョン・キャメロン・ミッチェルの最新作。原作はニール・ゲイマンの短編小説(『壊れやすいもの』所収)。

ジョン・キャメロン・ミッチェル 『パーティで女の子に話しかけるには』 エン(アレックス・シャープ)は宇宙人のザン(エル・ファニング)と出会う。

 童貞の男の子にとって女の子の存在が宇宙人のように思える。若かりしころにはよくある微笑ましい話をそのままに、「出会った女の子が宇宙人だったら」という物語にしてしまったという作品。
 パンクが大好きな高校生のエン(アレックス・シャープ)が、宇宙人のザン(エル・ファニング)と出会って一気に惹かれ合うという設定は、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』でも描かれていたプラトンの「人間球体説(人間は離ればなれになってしまった片割れを探しているという説)」をも思わせ、とてもストレートなボーイ・ミーツ・ガールものとなっている。
 エル・ファニングがとても無邪気にかわいらしく宇宙人ザンを演じていて、それだけで許せてしまう映画となっているんじゃないかと思う。後半でパンク風メイクのニコール・キッドマン演じるボディ・シーアからメイクを施されパンク風バージョンに変貌したエル・ファニングの変わりっぷりも楽しいし、エンとふたりでかけあいの即興曲を歌い上げるところもよかった。時代設定は1977年となっていて、パンク華やかしころに詳しい人はより一層楽しめるのかもしれない。

 ザンの仲間の宇宙人たちは6つのコロニーに分かれているらしい。それぞれ個性的な衣装をしていて、地球人から見ると何らかの仮装パーティのようにしか見えない。この6つのコロニーは、ヨーガなどで言われる“チャクラ”のイメージから出来上がっているとのこと(このサイトを参照)。深い意味があるのかもしれないけれど、今ひとつそれが消化しきれてはいないようにも思え、単純に安っぽい印象になってしまっているようにも……。宇宙人たちはなぜか子殺しを習慣としているというのだが、一体どんな理由からだったのだろうか。やはり人間にはわからない宇宙人なりの理由があるのだろうか。

パーティで女の子に話しかけるには [Blu-ray]


パーティで女の子に話しかけるには [DVD]



ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ [DVD]


壊れやすいもの


Date: 2017.12.10 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (3)

『20センチュリー・ウーマン』 “ジャズの時代”と“パンクの時代”のすき間

 『人生はビギナーズ』『サムサッカー』マイク・ミルズ監督の最新作。
 原題は「20th Century Women」

マイク・ミルズ 『20センチュリー・ウーマン』 劇中のアビーの写真論から生み出されたポスターだろうか? とってもシャレている。

 マイク・ミルズの前作『人生はビギナーズ』は父親のことがモデルで、今回の『20センチュリー・ウーマン』では母親のことをモデルにしている。一応の主人公はジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)という15歳の少年なのだが、タイトルにもあるように“20世紀の女性たち”の姿が描かれていくことになる。
 そのひとりはジェイミーの母親ドロシー(アネット・ベニング)で、もうひとりは間借り人のアビー(グレタ・ガーウィグ)で、加えて近くに住むジェイミーの幼なじみジュリー(エル・ファニング)もいる。舞台は1979年のサンタバーバラで、ジェイミーは3人の女たちに様々なことを学んでいくことになる。

 母親のドロシーは60年代半ばに40歳でジェイミーを産んだ。その年齢差はきっちり40年であり、音楽の流行りから言うと“ジャズの時代”と“パンクの時代”ほどの差があることになる。パンク世代の若者にはジャズがかったるく感じられ、ジャズ世代のくたびれた大人にはパンクはうるさくてヘタなだけにしか感じられない。その差は結構大きいのだ。だからドロシーはジェイミーのことを理解できないかもしれないと心配し、ジェイミーの人生の指南役にアビーとジュリーを指名することになるのだが……。

 ※ 以下、ちょっとネタバレもあり!

『20センチュリー・ウーマン』 アビー(グレタ・ガーウィグ)とジュリー(エル・ファニング)。

 前作の『人生はビギナーズ』にしても、本作にしても起承転結のはっきりとした物語があるわけではない。マイク・ミルズは語るべきテーマから物語を構築していくスタイルではなく、近しい人をモデルとしたキャラクターの造形のほうが優先されるようだ。
 ドロシーはマイク・ミルズの母親がモデルとなっているし、アビーとジュリーのキャラはふたりの姉がモデルとなっているようだ。エル・ファニングの演じたかわいらしい等身大の女の子ジュリーも、グレタ・ガーウィグが演じたがんを恐れるパンキッシュな赤い髪の女アビーも、どの人物も類型的なキャラに収まっていないように思えた。
 そうして生まれたキャラクターが、それと分かちがたい時代背景と一緒になって作品を構築していく。『人生はビギナーズ』では年老いた父親がゲイであるとカミング・アウトするという設定のため同性愛界隈の動きが背景になってもいたし、『20センチュリー・ウーマン』では主人公を取り巻くのが女たちということもあってフェミニズムの動きなんかも背景となってくる。

 そんなドロシーの試みは結局のところ失敗に終わることになる。というのは、ジュリーは夜な夜なジェイミーのベットにもぐり込むほど親しいのだけれど、それ以上は“おあずけ”という拷問でジェイミー翻弄するばかりだし、アビーのフェミニズムの教えはあまりに急進的すぎてドロシーを戸惑わせることになるからだ。人生は一度きりで、誰にとってもビギナーであることに変わりはないという点では前作と同じだ。子育てだってわからないながらも自分なりに試しながらやっていくほかないということなのだろう。
 とりたててカタルシスがあるわけでも、ほろっとさせるというわけでもないのだけれど、そのセンスのよさで見せてしまうといった印象。劇中でもパンクはパンクでもハード・コアなブラック・フラッグとかではなく、トーキング・ヘッズのような「いけすかないアート野郎(Art Fag)」のほうを擁護していたが、それがマイク・ミルズのセンスなのだろう。トーキング・ヘッズほどクセのある感じはしないけれどとてもシャレている。

20 センチュリー・ウーマン [DVD]


20センチュリー・ウーマン



人生はビギナーズ [DVD]


サムサッカー-17歳、フツーに心配な僕のミライ- コレクターズ・エディション [DVD]



ストップ・メイキング・センス [Blu-ray]



   ↑ 先ごろ亡くなったジョナサン・デミ監督のトーキング・ヘッズのライヴ作品。

Date: 2017.06.08 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (0)

『夜に生きる』 ベン・アフレックの白スーツが気になる

 『アルゴ』でアカデミー賞作品賞を獲得したベン・アフレック監督の最新作。
 原作は『ミスティック・リバー』などの原作も手がけているデニス・ルヘインの同名小説。

ベン・アフレック 『夜に生きる』 ベン・アフレック監督・主演作。ゆったりとしたクラシカルなスーツが決まっている?

 禁酒法時代末期、ギャングの世界で名を挙げていく男の一代記。戦争から帰ってきたジョー(ベン・アフレック)は、戦場で善人ばかりが死んでいくのを見てきた。ルールを作る奴らはそれを守らない。だから自分は無法者として誰の支配もされずに「夜に生きる」ことを選ぶ。
 そんなふうにカッコつけて無法者の世界を生きるつもりのジョーなのだが、無法者には無法者のしきたりなんかがあったりして、結局、その世界のいざこざに巻き込まれていくことになる。

 最初の舞台はボストンだが、そこではイタリア系とアイルランド系のマフィアの争いに巻き込まれ、よせばいいのにボスの女(シエナ・ミラー)にも手を出したりして酷い目に遭う。それでも父親は警察のお偉いさんということもあって、何とか生き延びると舞台はフロリダ・タンパへと移る。ここは移民たちの街で、白人ばかりではなくキューバ人たちの勢力があったり、その反対にKKKの連中がちょっかいを出してきたりと厄介事は尽きない。

『夜に生きる』 ロレッタ(エル・ファニング)は民衆の聖母のような存在になるのだが……。

 舞台がタンパに移ってからのごった煮感はおもしろい。『ゴッドファーザー』みたいに美学に貫かれているという印象でもないし、エピソードを詰め込みすぎた感があるのだけれど、当時の歴史をジョーという男を狂言回しにして描いたということだろうか。
 クラシックカーでのカーチェイスや、何人かの女とのロマンスとか、最後には壮絶な銃撃戦もあり、なかなかのエンターテインメント作品となっていたと思う。監督・主演のベン・アフレックはおいしいところをすべてさらっていくし、テレンス・マリック風に波打ち際で妻役のゾーイ・サルダナと戯れるという『トゥ・ザ・ワンダー』のセルフ・パロディみたいなことまでやっている。

 登場してくるキャラもそれぞれにいい味を出している。ジョーの父親(ブレンダン・グリーソン)は警察幹部でありながらやっていることは裏家業と似通っていて凄みがあったし、KKKの手先であるRD(マシュー・マー)の完全にとち狂った感じも秀逸だったし、ジョーを取り巻く3人の女性も賑やかだった。
 ギャングたちの成り上がりとはあまり関係ないのに印象に残るのが、ロレッタ(エル・ファニング)のエピソード。ロレッタはハリウッドで女優になるつもりが、悪い奴らにだまされてクスリ漬けにされてポルノ女優にさせられてしまう(この時代のハリウッドはポルノ産業と裏で結びついていた部分があったらしい)。その後のロレッタは罪悪感から信仰に目覚めたのか、民衆の前で自分の体験を語り、民衆の聖母のような存在になっていく。
 エル・ファニングは総じて澄ました表情をしているのだけれど、最期にジョーの前で一瞬だけとてもあどけない笑顔を見せる。『ネオン・デーモン』でもそうだったけれど、エル・ファニングは大人びて見えるときもあれば子供っぽく感じられるときもあり妙に危なっかしい……。

夜に生きる ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]


夜に生きる〔上〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)


夜に生きる〔下〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)


Date: 2017.05.21 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (3)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR