『ラ・ラ・ランド』 ひとときの夢のような……

 『セッション』デイミアン・チャゼル監督の最新作。
 第89回アカデミー賞には史上最多タイの14部門でのノミネートという前評判の高い作品。

デイミアン・チャゼル 『ラ・ラ・ランド』 ミア(エマ・ストーン)とセブ(ライアン・ゴズリング)は街が見える丘の上で踊り出す。名作『バンド・ワゴン』をイメージしているらしい。

 原題の「La La Land」は、「LA」つまり作品の舞台となるロサンゼルスやハリウッドのことを指す。町山智浩によれば、「彼女はラ・ラ・ランドに住んでいるんだ」という使い方をすると、「彼女は夢見がちなんだ。現実を見ていないんだ」といったニュアンスになるらしい。
 『ラ・ラ・ランド』はそんな夢見がちな主人公たちの物語だ。ミア(エマ・ストーン)はオーディションを受けまくっているけれどまったく相手にされない女優の卵。セブ(ライアン・ゴズリング)は自分が好きな古臭いジャズの店をやりたいと考えているけれど、実際には資金もなくて退屈な音楽を弾く仕事に甘んじている。そんなふたりが出会って恋に落ちる。

 映画は所詮虚構なわけだけれど、ひとときの夢を与えてくれたりもする。そんな映画が好きだからこそ映画に関わる人もいる。ハリウッドはそんな人たちの街なのだろう。ミアが現実的で稼ぎもありそうな彼を棄ててまでセブのもとに走るのも、「Audition」という曲で「どうか乾杯を 夢追い人に」と歌い上げるのも、夢見がちな人に対する共感があればこそだろう。だからこそ『ラ・ラ・ランド』はハリウッドでとてもウケがいい。
 劇中では瀕死のジャズという言葉があるが、ミュージカル映画というのも今では瀕死の状態にあるらしい。この作品の製作も難航したようで、チャゼル監督が「資金集めをするときには、ミュージカルやジャズは、映画の要素として人気がないということを嫌というほど思い知らされたし、興行成績も見こめないと何度も言われた」と明かしている。
 それでもチャゼル監督は『セッション』でも題材としたジャズが好きなのと同じように、ミュージカル映画が好きなのだろう。ハリウッドが夢の世界をつくりあげる場所として君臨していた古き良き時代、『ラ・ラ・ランド』はそのころのミュージカル映画に対するオマージュに溢れていている。そんな王道のミュージカルを見事に復活させたからだろうか、アカデミー賞でも本命視されているとのこと。

『ラ・ラ・ランド』 ふたりは夜空高く舞い上がって踊る。まさに夢のようなシーン。

◆ふたりだけの夢の世界
 なぜミュージカル映画が瀕死の状態にあるのかといえば、登場人物が突然歌い出すという通常ではあり得ない設定に違和感を覚える観客が多いからなのだろう。個人的には冒頭のハイウェイ上のモブシーンは唐突でちょっと違和感を覚えた。
 ここでは渋滞に巻き込まれた人々がそのイライラを解消するかのように踊り出す。果てしなくつながる車列とその上で踊る人々を優雅に移動するカメラの長回しで捉えつつ、主人公ふたりのすれ違いまでを一気に見せてしまう手腕は見事なのだけれど、あまりに唐突で気分が盛り上がってこないのだ。

 ミュージカル映画で登場人物が歌い出すのには理由があるはずで、それは何かしらの感情が湧き上がってきたからだろう。それによって舞台は現実から非現実的な夢の世界へと移行し、登場人物はその感情を歌に込め、踊りとして表現する。だから観客を主人公たちの感情に惹きつけることができれば、歌い出すことも不自然ではなくなるのだ。
 ミュージカル映画では主人公たちが歌う必然性が最初から設定されている場合もある。たとえば『ムーラン・ルージュ』のように主人公がキャバレーの踊り手とその曲の作り手だったとすれば、主人公たちが歌い出すのに何の不思議もない。ただこれはミュージカル映画独特の現実から夢の世界への移行という部分がない分おもしろみにも欠けるのかもしれない(『ムーラン・ルージュ』は大好きだけれど)。
 この作品ではミアとセブが出会ってからの展開には惹き込まれた。再会したふたりがそれまでのすれ違いもあって微妙な駆け引きをしながらも近づいていき、街を見下ろす丘の上で踊り出すころにはすでに夢の世界にどっぷりと浸っていた。

 ふたりが恋に落ちると、そこにはふたりだけの夢のような世界がある。ふたりが見つめあうと周囲は暗くなり、周りの人の存在も消え失せ、世界はミアとセブのふたりだけになる。そして、ふたりは歌い踊る。こうした設定はミュージカル映画だからこそで、夢の世界では星がきらめく夜空まで舞い上がることでさえも可能になる。
 ただ現実はやはり厳しくて、夢を追うことには犠牲が必要だ。ラストではふたりそれぞれが夢を実現しているわけだけれど、それによって失ったものもまた大きかったとも感じさせる。5年ぶりに会ったふたりの視線が交錯する瞬間が何とも切なくて涙を禁じ得なかった。

◆アカデミー賞の結果発表
 レビューをアップするのにもたついていたらアカデミー賞の結果が出てしまったようだ。大方の予想を覆し、作品賞は『ムーンライト』だった。『ラ・ラ・ランド』は監督賞と主演女優賞と、歌曲賞(「City of Stars」)・作曲賞(ジャスティン・ハーウィッツ)・撮影賞(リヌス・サンドグレン)・美術賞を獲得した。6部門受賞というのは立派だが、前評判では作品賞も確実視されていたようだし大波乱といった印象。しかも何の因果か進行側の手違いで最初は『ラ・ラ・ランド』の名前が読み上げられてしまい、その後に撤回されるという前代未聞の出来事まで起こってしまったらしい。製作陣はひとときの夢にぬか喜びということになったわけだ。
 『ムーンライト』はまだ日本では公開されていないから詳細はわからないけれど、黒人が主人公で製作総指揮にはブラッド・ピットということで『それでも夜は明ける』のようなシビアな話が予想される。アカデミー賞は娯楽作よりもメッセージ性のあるものを選びがちだから順当なのかもしれないけれど、「アカデミー賞は白人偏重だ」という批判もあったようだからそのあたりが影響しているのかどうか……。個人的には夢のある作品が作品賞になったっていいと思うのだけれど。

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック



スポンサーサイト
Date: 2017.02.28 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (11)

『マジック・イン・ムーンライト』 マジシャンがはまった“恋のマジック”

 監督・脚本ウディ・アレンの最新作。今回の舞台は1920年代の南フランス。

ウディ・アレン最新作 『マジック・イン・ムーンライト』 ソフィ(エマ・ストーン)が何かの波動を受け取るのを胡散臭く見守るスタンリー(コリン・ファース)


 有名なマジシャンであるスタンリー(コリン・ファース)は、数少ない友人に頼まれ、美人占い師のトリックを見破る約束をする。しかし、その占い師ソフィ(エマ・ストーン)はスタンリーのマジシャンという正体を見破り、彼の叔母の秘密まで言い当てることになり……。

 前作『ブルー・ジャスミン』ケイト・ブランシェットにアカデミー賞をもたらしたものの物語としてはなかなか苦々しい後味だったが、本作『マジック・イン・ムーンライト』はウディ・アレンらしい軽いロマンチック・コメディとなっていて、肩ひじを張らずに楽しめる作品だと思う。
 いつも旬な俳優と組んで、毎年のように作品を送り出しているのは、ウディ・アレン作品ならば俳優の誰もが出演したいと思われているからで、この作品もコリン・ファースとエマ・ストーンという旬な役者が揃っている。
 コリン・ファースは『アナザー・カントリー』(1984年)でも注目されてはいたが、他の面々(ルパート・エヴェレットやダニエル・デイ=ルイス)と比べると地味な印象だったわけだが、『英国王のスピーチ』(2010年)でアカデミー賞を受賞している。エマ・ストーンは『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのヒロインで、このブログでも前回取り上げた『バードマン』にも登場している。
 エマ・ストーンは『バードマン』では不自然なくらいの目の大きさが目立ったが、それはやはり彼女のナチュラルなものだったようだ(CGで修正を加えているのかとも疑ったけれど)。『マジック・イン・ムーンライト』でも、エマが演じるソフィを形容するのに“ビッグ・アイズ”という言葉が選ばれていた。ただ『バードマン』の役柄は元麻薬中毒者であり、父親にも素っ気なくて険がある印象だったわけだが、『マジック・イン・ムーンライト』ではだいぶ柔和な印象になっている。

 ※ 以下、ネタバレもあり。

 スタンリーはシニカルで口が悪く、会う人のほとんどから嫌われている。マジックは見る者を驚かせるが、それには必ずトリックがある。その種明かしをすれば誰にでもできるかもしれないし、驚きは納得に変わる。スタンリーはマジシャンとしてそれを知っているからこそ、占いや霊媒師の類いのまやかしを信じることができない。
 理に適っていないソフィのインチキを見抜けなかったのは、スタンリーがどこかでソフィに惹かれていたからなのかもしれない。しかも彼は霊能力を認め、新しい世界が開けたことに喜びを感じる。もしかするとそうした高揚感は恋の悦びだったのかもしれないのだが、スタンリーは鈍感なのかそちらには気がつかない。
 途中で当然のようにソフィのインチキはバレることになる(その黒幕については伏せておくとして)。新しい世界の展開という洗脳はあっさりと解け、それを見抜けなかったスタンリーは恥をさらすことにもなるが、もうひとつの洗脳は解けない。それが“恋のマジック”なのだが、スタンリーは天邪鬼なのかそれをすぐには認めようとはしない。
 スタンリーの叔母はそうした彼の性格を知り尽くし、彼との掛け合いのなかで、彼が自分の恋心に気づき、ソフィと結ばれる方向へと導いていくところがおもしろい。最後はなかなかベタな展開だが、わかっていてもそれなりに楽しい。ウディ・アレンはもう80歳に手が届くというのに、ヌケヌケと“恋のマジック”みたいなことを言ってのけるだから……。

マジック・イン・ムーンライト [Blu-ray]


マジック・イン・ムーンライト [DVD]


Date: 2015.04.18 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (2)

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 バードマンが与えてくれるもの

 第87回アカデミー賞において作品賞・監督賞(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ)・脚本賞・撮影賞(エマニュエル・ルベツキ)を獲得した作品。
 主演には惜しくもアカデミー賞は逃したものの、久しぶりに存在感を示したマイケル・キートン
 音楽を担当したのはジャズドラマーのアントニオ・サンチェス

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 主役のマイケル・キートンとバードマン


 20年も前に『バードマン』シリーズのヒーロー役で一世を風靡したリーガン・トムソン(マイケル・キートン)だが、今では落ちぶれていた。リーガンは復活を賭けてブロードウェイの舞台に挑戦しようとしていた。しかし稽古中に役者のひとりが倒れ、代役となったマイク(エドワード・ノートン)もトラブルメーカーで、舞台の成功は雲行きがあやしくなってくる……。

◆作品の背景
 マイケル・キートンはティム・バートン『バットマン』『バットマン・リターンズ』で大スターになった人物であり、『バードマン』の主人公リーガンと似たような境遇にあるとも言える。(*1)最近ではあまり見かけることもなかったが、2014年の『ロボコップ』のリメイク版では、ヒーローを殺そうとする悪役を演じていて、かつてヒーローものを演じた影響下にあることをうかがわせた。
 そんなわけで『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』はリーガンとマイケル・キートンを同一視させるようなつくりになっている。たとえばリーガンが飛行機のトラブルで事故死したとしても、ジョージ・クルーニーが同じ飛行機に乗っていたら、次の日の新聞を賑わせるのはクルーニーの死だけだとリーガンは嘆く。ジョージ・クルーニーは現実に今でもトップ・スターというだけでなく、『バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲』でマイケル・キートンと同じように“バットマン”を演じていたわけで、この映画では「リーガン(バードマン)」≒「マイケル・キートン(バットマン)」という方程式をうまく使って観客をくすぐってくるのだ。
 また、脇役ではあるが曲者のマイクを演じたエドワード・ノートンは舞台出身だが、『インクレディブル・ハルク』では主役を務めていた。しかも同作では『バードマン』の役柄と同じように脚本にも口を出していたらしい。リーガンの娘サムを演じたエマ・ストーンは『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのヒロインである。わざわざそうしたハリウッド的なキャストを使って、ブロードウェイの舞台を演じさせているのも、映画業界と演劇業界の関係をくすぐっているのかもしれない(演劇評論家の女性はハリウッドから来たリーガンを貶しているし)。
 こんなふうに業界の内幕話という現実を、映画という虚構に絡めた物語となっているところに鑑みると、ナオミ・ワッツがほとんど意味もなく唐突にアンドレア・ライズボローとレズっぽいシーンを演じているのは、ナオミ・ワッツの出世作『マルホランド・ドライブ』を意識しているのだろう。そうした諸事情に精通していれば、そのくすぐり方がよくわかるのだろうし、もしかするとアカデミー会員たちもそれをおもしろがってこの作品を作品賞に推したのかもしれない。

◆手法について
 イニャリトゥ監督の『アモーレス・ペロス』『21グラム』『バベル』は群像劇で、「時間と空間の断片化」が特徴的だった(この時期の脚本家ギジェルモ・アリアガの影響か?)。この手法は時間も空間もバラバラの断片的なシーンが、最終的に結びついて物語を構成していくというものだった。今回の『バードマン』それとはまったく異なるアプローチをしている。
 とにかく『バードマン』がすごかったのは、2時間の映画のほとんどがワンカットのように撮影されているというところだろう。撮影監督のエマニュエル・ルベツキは『ゼロ・グラビティ』(アルフォンソ・キュアロン監督)の冒頭でも長回しで観客を驚かせた人物だ。このルベツキとキュアロンのメキシコ人コンビは(ちなみにイニャリトゥもメキシコ人)、その前の作品『トゥモロー・ワールド』でも、長い戦闘シーンをワンカットでリアルに撮影したように見せかける超絶技巧を試していた。『バードマン』はそうした技巧をフルに展開して、2時間をワンカットで撮ってしまおうという意欲的な作品なのだ。
 ただ、その手法は主題に要請されたものというよりも、「誰もやってないから挑戦してみた」という印象でもある。たとえば長回しで有名なヒッチコック『ロープ』では、カメラは殺人犯からほとんど離れることはないし、映画内の時間と現実の時間が一致しているからこそ長回しが効果的だったはず。
 一方で『バードマン』はもっとデタラメなところがあり、リーガン復活劇であるからには彼の姿を延々と追い続けるのかと思っていると、意外にもカメラは別のキャラに浮気をしてリーガンのことを忘れてしまうこともある。さらに映画内の時間はリアルタイムではないために、扉を開けたら時間が経過しているとか、振り向くと別の日になっているなど強引な部分がある。
 つまり長回しとはいっても、それがリアルな現象を捉えたものでないことは明らかで、そんなのも含めてすべてワンカットで撮影したように見せかけているのだ。結局、この手法はイニャリトゥ監督たちが「やりたくてやってみた」ということに尽きるのだと思うのだが、そんな挑戦を個人的には楽しむことができた。

『バードマン』 映画ラストのサム(エマ・ストーン)の表情。


 ※ 以下、ネタバレもあり。

◆物語について 
 物語を合理的に解釈すれば、次のようになるのだろう。落ちぶれた役者リーガンが過去の幻影にすがり、最終的には舞台上で自らの頭を銃でぶち抜いてしまう。ここでそれまで延々と続いていた見せかけの長回しが終わる。その後の病院の場面は、リーガンがそれまで自らを超能力者かヒーローだと思いたがっていたように、妄想の類いである。人間は空中浮遊したり、物を自在に動かしたり、指先をパチンと鳴らすだけで敵を粉砕したりはできないのだから。
 リーガンはプロデューサーが現れると超能力での破壊をやめるし、空中を飛び回って劇場に現れたときには、彼のあとから無賃乗車を叫ぶタクシー・ドライバーが追いかけてくる。それまでにも散々リーガンの超能力があやしいものであることは示されていたのだ。それでもリーガンはかつての“バードマン”というヒーロー像から逃れたくても逃れることのできない運命にある。
 キネマ旬報のインタビューではイニャリトゥ監督はこんなことを語っている。

 時には自分ほどの天才はいないと思うのに、20分後には、いいや自分はダメだ、お終まいだと落ち込む。何とも厄介だよね。でもこの両極端な思いを支配している“エゴ”を映画にしたら、面白いんじゃないかと思ったんだ。


 “バードマン”の存在はリーガンを心のなかで励ます役割もあり、同時に全能感を肥大化させるような部分もある。リーガンは自らを神のような存在と勘違いすることもあるが、次の瞬間には家族内の問題に悩まされ自殺を図ったりもするという不安定な存在なのだ。
 リーガンはブロードウェイでの成功が自分にとっての復活だと考えるわけだけれど、それは娘のサムにとってはどうでもいいこと。サムが見る父リーガンの姿は、ブログとかSNSなんかで自らの存在をアピールしたいという一般人と変らないのだ(アクシデントによりパンツ一丁でブロードウェイを走り抜けることになり、世間の話題にもなってしまう)。
 たしかにスターだからといって、われわれ一般人と何か人間性が根本的に異なるわけではないわけで、落ちぶれたリーガンがもがく姿はそれなりに共感できる部分があるし、最後の希望に満ちたサムの笑顔は、それを単なる妄想だとして切り捨てるには惜しいものがある。
 合理的な解釈では悲劇的な結末にしかならないわけだけれど、その結末はあくまで現実の枠内に物語を収めるためのものでしかないとも言える。イニャリトゥが描きたかったのは、有頂天になってみたりもするし、落ち込んでみたりもするという、人間のあり方そのものだろう。人間は誰しもそんなことを繰り返して生きているわけで、誰にとっても“バードマン”みたいな何かが必要なのかもしれない。誰でも自己を正当化したくなるものだし、それに嫌気がさしたりもするものだから……。最後のサムの笑顔にはそんなことを考えさせられた。(*2)

(*1) マイケル・キートンはティム・バートンの『ビートルジュース』が出世作で、白塗りのハイテンション・キャラを演じられるコメディアンでもある。関係ないが、『ビートルジュース』をかつて地元の劇場に観に行ったら、自分以外誰もいなかったという経験がある。ちょっとびっくりだった。

(*2) と、ここまで書いてきて気がついたのだが、最後のサム(エマ・ストーン)の表情は不自然なくらい目が大きいのが印象的。どこかで観たことがあると思ったら、これはティム・バートンの『ビッグ・アイズ』のそれによく似ている。最後の最後でもティム・バートンをパロっているとしたらなかなか秀逸な遊び心のような気がするが、単にエマ・ストーンの目がデカイだけかもしれない。


バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [Blu-ray]


バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [DVD]



アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの作品
マイケル・キートンの作品
Date: 2015.04.12 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (19)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR