FC2ブログ

『私の20世紀』 嬉しい誤算

 『心と体と』などのイルディコー・エニェディの1989年の監督デビュー作。本作は第42回カンヌ国際映画祭でカメラ・ドールを受賞した。

イルディコー・エニェディ 『私の20世紀』 リリ(ドロタ・セグダ)とドーラ(ドロタ・セグダの二役)は生き別れになるのだが……。


 1880年のハンガリー・ブダペスト。ある女性が双子を授かる。リリ(ドロタ・セグダ)とドーラ(ドロタ・セグダの二役)と名付けられたふたりはやがて孤児となり、引き離されることになってしまう。そして、20年後の1900年、リリは革命家となり、ドラは詐欺師となってブダペストに再び現れることに……。

 モノクロ作品なのだが光の使い方がとてもうまい。冒頭は1880年のニュージャージーはメンロパークでの光のパレードの様子。エジソンが発明した白熱電球を宣伝するための見世物なのだが、木に花が咲くようにぼんやりとした光が闇のなかに浮かび上がる様子は幻想的。カラー作品で同じことをやってもこれほど印象的にはならなかっただろうと思わせるほど、モノクロの映像が映える作品だったと思う。
 タイトルは20世紀の歴史を振り返るものを想像させるのだが、「私の」とわざわざ断りを入れているだけにごく一般的な歴史などは描かれない。エジソンの電球から始まった本作は、そうした光をスクリーンに投影することで誕生することになった映画というものが念頭に置かれているようにも思える。つまりはイルディコー・エニェディ監督にとっての20世紀とは映画の世紀だったということなのだろう(映画誕生100周年は1995年だったけれど)。明確にそうした映画史を振り返ることはないのだが、初期のサイレント作品の引用がなされているし、『上海から来た女』(オーソン・ウェルズ監督)のミラーハウスのシーンをそっくり真似たりもしている。
 ただ本作がおもしろいのは映画史への目配せみたいな部分ではなく、ある意味ではデタラメな語り口だろうか。星空から語りかけてくる声とか、なぜか唐突にしゃべるチンパンジーが登場したり(単に監督が動物好きなんだろう)、ほとんど意味不明とも思える自由な展開がとても楽しいのだ。

『私の20世紀』 ドロタ・セグダがとても魅力的だった。ミラーハウスの場面は『上海から来た女』っぽい。

 本作ではリリとドラとさらにその母親役という三役を演じたドロタ・セグダがとても魅力的だった。男に色目を使う詐欺師のドラと、革命に燃える堅物のリリ。ふたりの心の声が響いてくるところもいいのだが、溜息とか「うふふ」としか表現できないような様々な音の表現がとてもかわいらしかった。
 私はイルディコー・エニェディ『心と体と』を昨年のベスト10を入れるほど気に入ったのだが、世間でそれほど評判になっていたとも思えなかった。それにも関わらず急に監督デビュー作『私の20世紀』が4Kレストア版となって登場したのは嬉しい誤算だった。それともどこかで誰かが評価していたのだろうか?
スポンサーサイト
Date: 2019.03.31 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (0)

『心と体と』 風変わりなふたりの純なラブストーリー

 第67回ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した作品。アカデミー賞外国語映画賞にもハンガリー代表としてノミネートされた。
 監督のイルディコー・エニェディは、1989年に『私の20世紀』でカンヌ国際映画祭カメラ・ドールを獲得した女性監督。

イルディコー・エニェディ 『心と体と』 マーリア(アレクサンドラ・ボルベーイ)とエンドレ(ゲーザ・モルチャーニ)は共有した夢を語り合うために一緒に寝てみるのだが……。

 食肉処理場で働く片手の不自由な男と、臨時で雇われた品質検査員の女性のラブストーリー。
 マーリア(アレクサンドラ・ボルベーイ)は潔癖症で人とのコミュニケーションも苦手なため、職場ではちょっと浮いた存在。休み時間にはほかの誰もが談笑するなか、PCの前に座ったまま微動だにしないという異様さ。上司であるエンドレ(ゲーザ・モルチャーニ)が気を使って話かけてみたりもするものの、軽妙に返答をすることのできないマーリアは、あとになってそのことを悔やんでみたりもする。ただ、その悔やみ方もちょっと変で、人形を使って会話の一部始終を再現してしたりするあたりが妙に子供っぽい。
 他人との接触が苦手で記憶力抜群というマーリアのキャラ。これで思い出すのは『レインマン』で、あの作品でダスティン・ホフマンが演じたレイモンドは、サヴァン症候群だった。『心と体と』のマーリアもどこかそんなところがあるのだけれど、パンフレットによるとイルディコー・エニェディ監督は自閉症スペクトラムの人を参考にしていたということ。ただ、マーリアの場合はあまり重症ではないのか、ちょっと風変わりな程度で、相手役となるエンドレはその辺にはあまり気づいていないように見える。
 そんなマーリアがなぜエンドレと近づくことになるかと言えば、ふたりが同じ夢を共有していたから。そしてエンドレのほうでもマーリアのことが気にかかるようになる。それでもマーリアには何の恋愛経験もないために、その関係はうまく進まない。
 マーリアはそうした障害を越えていこうとするのだけれど、その姿は女の子と手も握ったこともない童貞のそれのようでちょっと笑わせる。マーリアはもちろん大真面目なのだけれど、他人との接触を学ぶためにポルノを鑑賞してみたりするのだ。

 ※ 以下、ネタバレもあり!

『心と体と』 マーリアを演じたアレクサンドラ・ボルベーイ。いつも無表情を崩さないのだが……。

◆夢のなかの鹿と現実の牛
 作品の冒頭では、雪の積もった森のなかで2頭の鹿が戯れている。雄鹿と雌鹿が互いに寄り添うように森を歩き回り、小川の水で喉を潤す様子は、鹿が自然と調和して生きている姿のように見え、とても印象的。鹿が白い息を吐きながらカメラのほうを直視しているところなど、何かしら深い考えでも抱いているようにすら見えるのだ。
 実はこの鹿のエピソードは、マーリアとエンドレが共有している夢である。夢のなかでマーリアとエンドレは鹿となっていたのだ。一方の現実では、マーリアたちが働くのは食肉処理場で、そこでは牛たちが血を抜かれ、吊るされて、食肉として解体されていく。
 ここでタイトルの『心と体と』を念頭に置いて整理すれば、夢のなかの鹿のエピソードは「心」の側になり、現実で解体されていく牛たちの姿は「体」の側ということになるだろう。夢のなかでは自然と調和した世界があるわけだけれど、現実においてマーリアは様々な問題を抱えている。そしてマーリアはそうした障害を越えるために、一度は血を見なければならなかったということになる。夢のなかに閉じこもっていることよりも、多少は血を流しても現実に生きることが称揚されている。そんなふうに言うこともできるのかもしれない。

◆アレクサンドラ・ボルベーイがいい
 一応上記のように考えることはできるけれど、あまりそれに意味はなさそう。この作品はちょっと風変わりなふたりの純なラブストーリーだからだ。きっかけとなる夢のエピソードも何らかの説明がなされるわけでもなく、ふたりが結ばれたあとには夢そのものも放り出されてしまうあたりも結構いい加減な気がする。
 難しいテーマをはらんでいるわけでもなく、社会問題とも縁遠い、ちょっとしたラブコメの趣きすらある作品がベルリン国際映画祭の金熊賞というのは意外な気もするけれど、作品の評価とは別に個人的には虜になった。というのはマーリアを演じたアレクサンドラ・ボルベーイがとても魅力的だったから。白い肌が透き通るようで、穢れのない感じがいい。コミュニケーション障害で規則に書かれていることは絶対という堅物で、常に冷たい無表情だったマーリアが、エンドレと夢を共有していると知ったときに初めて表情をほころばせる。あざといくらいの演出かもしれないけれどアレクサンドラ・ボルベーイなら許せてしまう。

私の20世紀 [DVD]


レインマン [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]


Date: 2018.04.22 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR