FC2ブログ

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』 シュワルツェネッガー復活で再出発の第5作

 『アバター』『タイタニック』ジェームズ・キャメロンの出世作『ターミネーター』シリーズの最新作。
 今回は5作目となるわけだが、第4作には一部顔を見せるだけだったアーノルド・シュワルツェネッガーが復活して、新シリーズとなる予定とのこと。

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』 復活したシュワルツェネッガーのT-800とエミリア・クラーク演じるサラ・コナー。

 第1作目『ターミネーター』ではシュワルツェネッガーは悪役だった。2029年、人類に反乱を起こしたスカイネットという人工知能に世界は支配されていた。しかし、人類はジョン・コナーという指導者の下に抵抗軍を組織する。人類の救世主ジョン・コナーをこの世から消すために、スカイネットはジョンの母親サラ・コナー抹殺を画策し、1984年にターミネーター(シュワルツェネッガー)を送り込む。しつこいくらいにサラ・コナー追ってくるターミネーターに、ハラハラドキドキさせられっぱなしの作品だった。
 前作よりもスケールアップした第2作『ターミネーター2』では、シュワルツェネッガーがその後に人気者となったことも影響してか、ターミネーター(T-800)はプログラミングを書き換えられて善玉になる。サラ・コナーを守る側に回ったT-800が、新たな刺客T-1000を迎え撃つ。液体金属性T-1000はほとんど無敵で、これまた手に汗握る作品で、シリーズ最大のヒット作となった。

 最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』では、この2作品をリブートしたような内容になっている。第1作でターミネーターとそれを追ってくるカイル・リースのタイムトラベルシーンを忠実に再現している。1作目とまったく同じところに戻ってくるわけだが、そこからが違う。突如として現れたもう一体のやや年老いたT-800が、もう一体の邪魔をするのだ。30年前のシュワルツェネッガーと、今のシュワルツェネッガーの戦いという、夢の対決が実現する。
 この年老いたT-800は、サラが9歳のときに彼女を守るために派遣されたもので、1984年に新しいT-800が来るまで待っていたらしい。ここではターミネーターの外皮は人間と同じように劣化していくという設定。だからマシンであるはずのターミネーターも、シュワルツェネッガーの年齢に合わせて見た目が変化するという理屈。マシンだって使っていればガタがくるわけで、T-800は「俺は古いが、ポンコツじゃない」と人間っぽいことまで言ってみせる。また、長らく人間社会へ融け込み色々と学んだらしく、妙に科学的な理論を振りかざすインテリ風ターミネーターとなっている(全体的に人間っぽいT-800は幾分コミカルな印象に)。
 そして新サラ・コナー(エミリア・クラーク)もかつてのサラ・コナーと違う。9歳のときから未来の救世主の母となるべく、“オジサン”と呼ぶT-800から訓練を受けた女戦士になっている。第1作のサラは何も知らないウェイトレスだったわけだが、こちらの世界のサラは銃器で新しいT-800をやっつけるし、T-1000対策用の罠まで準備している。はじまりは第1作と同じなのだが、途中からパラレル・ワールドに分岐していくのだ。

 ※ 以下、ネタバレもあり!

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』 新型ターミネーターのT-3000の最終形態? マンガ『コブラ』のゼロというキャラみたいだった。

 新旧T-800対決はそれほど悪くないし、新たなT-1000(イ・ビョンホン)を意外にあっさりと倒してしまうのも、周到に用意した罠のためと納得しなくもないのだが、そのあとはどうもゴチャゴチャしてくる。
 T-800はタイムトラベル装置まで開発し、舞台は2017年へと飛ぶ。この時代に開発された“ジェニシス”というOSらしきものが、スカイネットの新しい姿ということになっている。それから2017年に飛んだサラとカイルを追って、ジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)まで登場する。実はジョン・コナーは新たなターミネーター(T-3000)で、ジョン・コナーはスカイネット側に取り込まれていたのだ。
 ジョン・コナーはスカイネット側に立ち、ジェニシス起動を阻止しようとする要素を排除しようとする。サラ・コナー殺害を命じられているわけでもないのかもしれない(自分の母親なんだし、殺したら自分も消えてしまう?)。そんなわけでジョン・コナーはサラやカイルと会ってもすぐには殺そうとしない。サラを守るT-800とサラ抹殺を狙うT-3000という関係ではないわけで、その後のアクションも派手さはあっても単発に終わり、手に汗握る感じはほとんどなかったと思う。
 それにしてもT-3000=ジョン・コナーは何をしたかったのだろうか? ジョンは一応人間でもあり、マシンと交じり合った何かでもあるらしいのだが、サラとカイルという家族を自分と同じ境遇に誘おうとしているようでもあった。つまり人間がマシンと交じり合うことで新たな進化を遂げるみたいなことを匂わせているようにも思えたのだが……。

 シリーズを振り返ってみれば、キャメロンの撮った第1作と第2作は別格とするとしても、第3作は過去作の踏襲でしかなかったわけで、それを振り切って新しい『ターミネーター』を見せたのが『ターミネーター4』だった。「審判の日」以降のジョン・コナーの活躍を描いた第4作は、その荒涼とした世界観もアクションシーンも今回の第5作よりも数段よくできていたと思う。シュワルツェネッガーが出演していないということもあって、興行成績としては大失敗だったらしいが……。
 このシリーズの顔であるシュワルツェネッガーの動向に影響されてしまうのはやむを得ないとしても、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は元のパターンに逆戻りしてしまったようにも思える。本当に新起動したのは『ターミネーター4』だったのにうやむやになってしまい、今回再起動を図ったということだろうが、先行きはあやしいようにも思える。
 
 新サラ・コナーを演じたエミリア・クラークは妙にかわいらしい。第2作のリンダ・ハミルトンみたいな変身はやらないと思うけれど、強い母親像としてのサラ・コナーになりきれるのか心配にもなる。というかジョン・コナーを産むのかどうかもわからないし。
 ジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)は悪役っぽい顔立ちになってしまうし、カイル・リース役ジェイ・コートニーも第1作のマイケル・ビーンと比べるとちょっと残念。マイケル・ビーンはマッチョっぽくなくて、死闘のさなかにもサラ・コナーと結ばれてしまうという設定にも説得力があったと思う。ついでに言えば、『セッション』で大活躍だったJ・K・シモンズも脇役で登場している。今回はいい人だった。

ターミネーター:新起動/ジェニシス ブルーレイ DVDセット(2枚組) [Blu-ray]


ターミネーター:新起動/ジェニシス (字幕版)



『ターミネーター』シリーズのDVD
スポンサーサイト



Date: 2015.07.12 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (11)

『サボタージュ』 アーノルド・シュワルツェネッガー作品の変化球?

 政治の世界から足を洗って映画界に復帰してからも何となく遠のいていたアーノルド・シュワルツェネッガー作品だが、『ターミネーター』の新シリーズも始まるということで『サボタージュ』を。昨年11月に劇場公開され、今月DVDがレンタル開始となった。
 監督は『エンド・オブ・ウォッチ』『フューリー』デヴィッド・エアー

デヴィッド・エアー 『サボタージュ』 アーノルド・シュワルツェネッガー主演作。


 麻薬取締局(DEA)で“破壊屋”の異名を持つジョン・ウォートン(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、ある仕事で麻薬組織の金をネコババし、チームの仲間と山分けしようと企む。しかし、その金は何者かに奪われ、仲間がひとりずつ消されていくことになる。

 冒頭の派手な銃撃戦のなかでもおもしろかったのが、壁を挟んでの撃ち合いだ。麻薬組織に突入しているわけだから当然なのかもしれないが、相手は壁の向こう側から見当をつけてジョンたちを撃ってくる。応戦する側もDEAに向けて発砲してくる奴は当然悪者だからという決めつけで、壁の向こう側を確認もせずに障害物を挟んでの銃撃戦となる(こうした場面は後半にも繰り返される)。かなり荒っぽいやり方だが、冒頭のスピーディな展開には引き込まれた。
 シュワルツェネッガーのアクションにキレはないし年齢的な衰えも感じるが、おびただしい血が流れる猟奇殺人の博覧会みたいな部分もあって飽きさせない。サングラスでマシンガンを構えたり、葉巻を燻らせる姿はいかにもシュワルツェネッガーらしい仕草だし、こっそり忍ばせた『RAMBO』のパロディポスターなんかもあり、マッチョなアクションスターが今より華やかだったころのファンへの目配せも忘れていないのも嬉しいところ。

 ※ 以下、ネタバレもあり。

『サボタージュ』 サム・ワーシントンとミレイユ・イーノスは一応夫婦役。

 金を横取りし、仲間を殺したのは誰か?
 考えられるのは麻薬組織の復讐か、仲間の裏切りかということ。一応謎解き(フーダニット)の体裁をとっているが、真相は映画が終わっても釈然とはしないと思う。
 仲間のトライポッドをジョンが助けに行った場面では、麻薬組織に殺されるトライポッドの過去の映像が重ね合わされる。さも誰かが真相を見てきたように描かれているが、これは残された証拠から推測されることでしかない。実はまったくの嘘であり、ここでは嘘をヌケヌケと映像化することで観客を騙している。真犯人は殺しを麻薬組織の仕業にしようと画策しているわけで、観客はまんまと罠に引っ掛かったマヌケが思い描くものを見せられているのだ。
 有名な『映画術』という本では、ヒッチコック“偽りの回想(フラッシュ・バックの嘘)”は禁じ手だと語っている。映画のなかの登場人物が嘘をつくことはよくあることだけれど、「フラッシュ・バックで語られる内容が嘘だと観客はまるっきりうけつけない」のだという。
 『サボタージュ』のこの場面は回想シーンではないのだが、過去の出来事をジョンがそのまま感じたかのように描かれているという意味では回想とよく似ている。もちろん“偽りの回想(フラッシュ・バックの嘘)”がほかの映画で皆無というわけではないけれど、その場合は真相を描いた場面を挿入して、嘘を真相で上書きするのが一般的だろうと思う。しかし、この映画では真相に興味がないと言わんばかりに、麻薬組織の連中の死体を見せるだけだから、結局のところそれが誰の仕業なのかはよくわからないままなのだ(ジョンなのか、リジーなのか)。
 ジョンが「あの金は俺が取った」と打ち明けるところも、リジーを怒らせて撃たせるつもりで言ったもので、実は嘘なのかと一瞬思ったのだが違ったようだ(前半でジョンを陥れようと挑発した同僚がいたから)。金をメキシコで賄賂に使うだけならば、仲間が殺される前に高飛びすればいいわけだから、単純にジョンの狂気がその原因ということなのだろうか。色々とデタラメな部分も多いのだが、予想を裏切る展開とも言えるわけで意外に楽しめる映画だったと思う。ラストのメキシコでの銃撃戦は自殺行為なわけで、それでも死ぬ場面までは見せなかったのは、シュワルツェネッガーが死ぬにはまだ早いということなんだろう。

 ジョンが率いるチームの面々は麻薬組織に潜入したりもするらしく、見た目も行動もならず者でサム・ワーシントン(『アバター』『ターミネーター4』)などはいいところがなかったが、その妻リジーを演じていたミレイユ・イーノス(『デビルズ・ノット』)が大活躍だった。リジーは麻薬捜査官なのにドラッグ漬けで、カーチェイスでのラリった表情はなかなか見物だった。

サボタージュ [Blu-ray]


サボタージュ [DVD]


Date: 2015.03.13 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (1)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR