『ドローン・オブ・ウォー』 戦争をしつつ家庭の平和を享受することは可能か

 『ガタカ』『TIME/タイム』『ザ・ホスト 美しき侵略者』などのアンドリュー・ニコルの作品。原題は「Good Kill」
 昨年10月に劇場公開され、先月にDVDがリリースされた。

『ドローン・オブ・ウォー』 イーガン(イーサン・ホーク)が働く戦場は冷房のきいた快適な場所だった。

 無人戦闘機(ドローン)による空爆という現在いまの戦争」を描いた作品。
 空軍兵士たちはアメリカに居ながらアフガニスタン上空のドローンを操って空爆する。その爆撃システムはゲーム機「Xbox」をモデルとしていて、新人兵士の半分はゲームセンターからリクルートされる。モニターを見ながらターゲットを撃つというシューティングゲームと同じ感覚なのが「現在の戦争」なのだ。
 もしかすると新人世代はそうした戦争にすぐに対応して、ゲームと同じように戦争も謳歌するのかもしれない。ただ主人公イーガン(イーサン・ホーク)はちょっと前までは戦闘機で敵地を飛んでいたわけで、自分にはまったく危害が及ばない戦争のやり方を臆病者のすることだと感じてもいる。

 臆病者の戦争以外にも問題はある。イーガンは毎朝ラスベガスの空軍基地に通勤する。冷房のきいたオペレーションルームで戦争をして、夜は郊外の自宅へと戻る。そこでは美しい妻とかわいいふたりの子供たちが平和に暮らしている。戦争という非日常的な出来事が、家庭という日常生活と並行してあるわけで、このこともイーガンにとって問題を増やす一因になっている(戦争をしながらも子供の送り迎えに関して妻とけんかをしたりもする)。
 人を殺すことには普通は抵抗感があるわけで、兵士になっても簡単に人を撃てるわけではない。『フューリー』でも描かれたように通過儀礼を経て、ようやく人を撃つことできるようになる。戦場での兵士はいわば変性意識状態にあるようなもので、それは日常生活とは別の状態なのだ。だからドローンで敵兵を殺したあとに家庭に戻って家族団欒という生活がすんなりいかないのもわからないではない。凄腕のスナイパーだった実在の人物を描いた『アメリカン・スナイパー』でも、主人公は戦場からアメリカに戻ってもすぐには自宅に帰ることができずにいたわけで、戦争と家庭生活を両立させるのは難しいことなのだろうと思う。

『ドローン・オブ・ウォー』 イーガンは妻モリー(ジャニュアリー・ジョーンズ)につらい胸のうちを語るのだが……。

 イーガンは途中からCIAが指揮する作戦に参加することになるが、「テロとの戦い」を名目とするその作戦は民間人が犠牲になるのもやむを得ないという酷いものだった。前回に取り上げた『ボーダーライン』以上にイーガンは善悪の境界に悩むことになる。
 CIAはターゲットばかりでなく、救出にあたる一般市民をも殺すことを命令するし、さらには犠牲者の葬式に集まった親戚一同まで一網打尽にするという徹底ぶりで、CIAの正義は無差別テロ以上に悪質かもしれない(このあたりは観ていてかなりイヤな気持ちになる)。
 イーガンは味方が休息をとるための見張りの仕事をしたときには、「今日はいいことをした」と妻に語っている。何も知らない妻には「いつもは違うの?」と問い返されるわけだが、イーガンにとっては到底正義の戦いとは感じられないからこそ精神的な均衡を失っていくのだろう。
 アメリカの戦争で「正義」がやたらと強調されるのは、自分たちがどうやら悪いことをしていることは何となく感じて、それでも「いいこと」をしていると信じさせるための自己暗示の側面が大きいのかもしれない。

 派手な見た目の妻モリー(ジャニュアリー・ジョーンズ)はイーガンの告白を聞いたにも関わらず家を出て行ってしまったり、その後には同僚のスアレス(ゾーイ・クラヴィッツ)との関係がほのめかされたりする終わり方には締まらない感じは残るけれど、『ドローン・オブ・ウォー』はこれからの戦争のあり方の問題提起として興味深い作品だった。
 イーサン・ホーク演じるイーガンが戦闘機に乗っていたころを懐かしむように青い空を見上げる様子は、『ガタカ』でイーサン・ホークが演じた宇宙に憧れるヴィンセントという主人公の姿を思わせる。アンドリュー・ニコル作品としては久しぶりに満足度が高い作品だったと思う。

ドローン・オブ・ウォー [Blu-ray]


ドローン・オブ・ウォー [DVD]



ガタカ [SPE BEST] [Blu-ray]


ガタカ [SPE BEST] [DVD]


スポンサーサイト
Date: 2016.04.17 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (1)

『ザ・ホスト 美しき侵略者』 ままならないわたしの身体とわたしの恋

 原作は『トワイライト』シリーズを書いたステファニー・メイヤー
 監督は『ガタカ』『TIME/タイム』などのアンドリュー・ニコル
 主演には『ラブリーボーン』『ビザンチウム』『天使の処刑人 バイオレット&デイジー』のシアーシャ・ローナン
 今年6月に劇場公開され、今月DVDが発売になった。

アンドリュー・ニコル 『ザ・ホスト 美しき侵略者』 主役はシアーシャ・ローナン。寄生されると目が光る。

 人に寄生する生き物ということで『寄生獣』を思わせなくもないが、『SF/ボディ・スナッチャー』などこれまでに4回も映画化されている『盗まれた街』のような宇宙からの侵略者ものである。
 光るアメンボのようなエイリアンの形状は、あの『ヒドゥン』とか『寄生獣』のパラサイト的な代物。そんな弱々しいエイリアンに今では9割方の人間が寄生され、人間とは違う何者かになっているという世界が舞台だ。彼らは“ソウル”と呼ばれる。見た目には目が光るくらいの差しかないが、その肉体に宿っていた元の魂はどこかへ押しやられてしまい、人はまるごと乗っ取られてしまう。
 “シーカー(捜索者)”と呼ばれる一部の“ソウル”たちは、わずかに残った人間を生け捕りにして仲間を増やしている。主人公のメラニーも“ソウル”たちに捕えられ寄生させられてしまう。(*1)しかし、メラニーの強靭な意志は、彼女の肉体を完全に明け渡すことはなかった。メラニーの身体に寄生したのはワンダラー(ワンダ)という名前の“ソウル”で、メラニーの身体のなかには元のメラニーの魂とワンダの魂のふたつが共存し、どちらがその身体のホスト(宿主)になるかの闘いが生じる。

『ザ・ホスト 美しき侵略者』  シーカーたちはなぜか白い服を着ている。

 解離性同一性障害(いわゆる多重人格)では、主人格(ホスト・パーソナリティ)は交代人格のことを知らない(逆に交代人格は主人格のことを知っていることが多いらしい)。交代人格と言うように、主人格を押しのけて別の人格が現れるのであって、それぞれの人格同士が会話をしたりはしない。
 この『ザ・ホスト』では、普段は奥に眠っているメラニーの人格が時折顔を出しては、主人格であるワンダと言い争いをするという奇妙な事態が生じる。『寄生獣』では右手を乗っ取られたシンイチが、自分の右手であるミギーと語り合うことになるが、この映画ではひとつの身体の内部でメラニーとワンダが喧々諤々とやりあうのだ。ポスターにも謳ってあるように「一つの身体に二つの魂」というのがミソだが、ふたつの魂のやりとりは“実際の発話”と“心のなかの言葉”のやりとりのようにも見える。主人公は落語家の語りみたいに一人二役を演じるわけで滑稽なのだけれど、製作陣としては結構大真面目なのがかえっておかしい。
 さらにはメラニーとワンダの間で男を巡っての争いまで生じる。『トワイライト』を書いた原作者が、この作品に恋愛を絡めてきたのは、「自分の愛する人が知らない間に別の何者かになっている」という切なさを狙ったものかもしれない。これは『盗まれた街』にもある主題だ。ただこの映画では視点が異なるから別の方向へと進む。
 メラニーとワンダはどちらが身体の主導権を握り、好きな男にその身をまかせるかで揉めるのだ。ワンダが好きな男はメラニーの想い人とは違うから、元の身体の持ち主であるメラニーは、自分の肉体を別の男に委ねられるのが許せないのだ。メラニーにとっては身体だけが勝手に浮気しているみたいなものなのだろう。だからワンダが男とキスしようと近づいた次の瞬間、メラニーがその男を突き飛ばすという喜劇を演じることにもなる。内部での葛藤があるのだが、単なる情緒不安定な女にも見えてしまうという何となく笑えてしまう映画である。

 “ソウル”たちは特別な能力を持つわけではない(だからエイリアンに襲われる恐怖感はあまりない)。彼らは意外に弱いし、人間との差違はほとんどない。ただ中身が異なるだけ。彼らは人間ほどの狂暴性はないらしく、“ソウル”たちの社会は平穏無事なものらしい。地球に人間がいなくなれば平和になるというのは『寄生獣』と似ている。
 “シーカー”たちは白いスーツに身を包み、メタリックな車を操り、清潔で管理された組織を形成している。アンドリュー・ニコルらしい世界観だし、そこから弾き出された者との争いという主題もこれまでにも見られたものだ。ただ作品の出来としては『TIME/タイム』よりもさらにB級感が漂い、『ガタカ』の完成度にはほど遠い。それほど独自性のある作品ではないけれど、DVDで観るくらいなら楽しめる作品だと思う。

(*1) “ソウル”たちは外科手術で人間の首の裏を切開してボディ・スナッチするわけだが、最初の“ソウル”はどうやってボディ・スナッチしたのだろうか? 

ザ・ホスト 美しき侵略者 ブルーレイ&DVD セット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]


ガタカ [DVD]


TIME/タイム [DVD]


Date: 2014.12.11 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR