FC2ブログ

『日日是好日』 お茶の効能はマインドフルネス?

 監督は『光』『セトウツミ』などの大森立嗣
 原作は森下典子のエッセイ『日日是好日‐「お茶」が教えてくれた15のしあわせ‐』
 タイトルは有名な禅の言葉。後先考えずに始めてしまったこのブログのタイトルもこれをもじったもの。似たようなタイトルのブログを見かけたりもするのでありがちな言葉だったらしい。今となっては遅いけれど……。

大森立嗣 『日日是好日』 多部未華子、黒木華、樹木希林の主だった女優陣。


 「本当にしたいことが何なのかわからない」と感じていた典子(黒木華)は、親の薦めもあって従妹の美智子(多部未華子)と一緒に茶道を始める。茶道教室の武田先生(樹木希林)は、そのたたずまいからして人と違って見えるということで、その先生に教えを受けることになる。

 エッセイを元にしているからか物語らしい物語もなく、まったくの素人だった典子が茶道を通して成長していく月日を追っていく。武田先生曰く、茶道は「始めに形をつくっておいて、後から心が入るもの」とのことで、典子はわけもわからぬまま様々なお茶の作法を学んでいく。
 描かれるのはほとんどが茶室での出来事だが、四季折々に窓の外に見える自然の様子が美しい。途中で美智子が結婚したりもするし、典子も彼氏と別れたりもするけれど、そうしたことにはあまり触れられない。新しい彼氏も顔すら映らないくらいで、徹底的にお茶のことだけに題材を絞っている(あとは家族の話くらいだろうか)。そう言えば茶道教室の生徒にも男性は皆無だったし、お茶の道にはそうしたドロドロしたものは不要ということなのかもしれない。

『日日是好日』 典子(黒木華)は茶道を習う。窓の外の自然が美しく描かれている。

 「日日是好日」の意味は、「毎日がいい日」とかいう単純なものではないらしい。もともとは禅の言葉で、そこには深い意味があるのだとか。作品中には長い茶道の稽古の末に、典子がその言葉の意味を感得する場面もあって、簡単に言ってしまえば「一期一会」に通じるようなものになるだろうか。
 個人的にはこの場面で典子が感じていると思われるお茶の効能は、「マインドフルネス」などと言われるものとよく似ているように思えた。「マインドフルネス」とは簡単に言えば、「今ここで起こっていることに注意を向けること」だ。これはもともと仏教などで行われていた瞑想の効能であり、その宗教色を除いた西洋的な実践が「マインドフルネス」ということになる。
 典子は茶道によって、それまで見えなかったものが見え、聞こえなかったものが聞こえてくる。それまでは微妙過ぎて感じ取れなかった「お湯の音」と「水の音」の違いがわかるようになり、かつては「四季」というだけで済ませていた季節の移り変わりも「二十四節気」という細かい区分で感じられるようになる(「清明」なんて区分もあるのだとか)。かつてはつまらなかった映画『道』(この選択は“道”つながり?)が大事な作品と思えるようになったのも、典子の成長ということなのだろう。
 茶道は禅とは別のものだけれど、その境地には似たような部分があるのかもしれない。武田先生が達観しているように見えるのも、茶道の効能によって人生が豊かになっていることの表れなのだろう。
 この作品を観ることだけでは茶道の効能は得られないかもしれないけれど、のんびりと落ち着いた作風に癒しを得られるんじゃないだろうか。先日亡くなられた樹木希林の演技はあまりに自然でアドリブかとも思われるようだったし、「毎年同じことができるってことが幸せ」という劇中の台詞は樹木希林自身の言葉のようにも響いた。それから『リップヴァンウィンクルの花嫁』に陶酔した者としては、黒木華の和服姿というのも見逃せないところじゃないんだろうかと思う。

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)


道 Blu-ray


道 [DVD]


スポンサーサイト
Date: 2018.10.18 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (0)

『アンダー・ザ・シルバーレイク』 青春のあとにたどり着いたところ

 『アメリカン・スリープオーバー』『イット・フォローズ』のデヴィッド・ロバート・ミッチェル監督の最新作。

デヴィッド・ロバート・ミッチェル 『アンダー・ザ・シルバーレイク』 サム(アンドリュー・ガーフィールド)は近所に引っ越してきたサラ(ライリー・キーオ)に一目惚れしたものの……。


 サム(アンドリュー・ガーフィールド)は故郷を離れ、ハリウッド近くのシルバーレイクという街にやってきたものの現実は甘くない。仕事もなく怠惰な日々のなか、サムは近所に越してきたサラ(ライリー・キーオ)という女の子に一目惚れ。しかし、翌日、彼女を訪ねると家はもぬけの殻で、彼女もどこかに消えてしまっていた。

 失踪した女の子を捜すというプロットはさほど珍しくはないのだけれど、サムが迷い込んだシルバーレイクという街は迷宮のようであって、どこを彷徨っているのか混沌としてくるようだった。頻発する犬殺し、フクロウのキス、誰かが残していった暗号、謎の作曲家など意味不明と思えるものが多々登場し、さらにはそれを見る側のサムの妄想なども交じり合って夢とも現実とも区別がつかない世界に入り込んでいく。
 さらに本作にはハリウッド映画やその他様々なポップカルチャーからの引用も盛りだくさんで、それらを見つけ出すという楽しみもある。デヴィッド・ロバート・ミッチェル監督のデビュー作『アメリカン・スリープオーバー』も修正しつつ引用もされていて、そのなかの女優が『アンダー・ザ・シルバーレイク』の世界に登場しているという凝った演出もある。
 それから舞台となるのが『ラ・ラ・ランド』と同じ地域ということもあって、あのグリフィス天文台も登場し、『ラ・ラ・ランド』ではそこから主人公たちが天に昇っていくのに対し、『アンダー・ザ・シルバーレイク』ではサムは地下に導かれることになる(町山智浩の指摘)。そんなわけで『アンダー・ザ・シルバーレイク』はハリウッドの裏面を覗かせてくれるような作品ともなっている。

『アンダー・ザ・シルバーレイク』 派手な出で立ちの女の子たち。彼女たちは映画にも出たりしている女優でもあり、バイト感覚で娼婦もしているらしい。

◆前2作を振り返ると
 監督のデヴィッド・ロバート・ミッチェルは『イット・フォローズ』で一躍有名となり、本作が第3作目。
 過去の作品を振り返っておくと、デビュー作の『アメリカン・スリープオーバー』は日本では『イット・フォローズ』のあとに限定的に劇場公開された。この作品は原題が「The Myth of the American Sleepover」となっていて、直訳すれば「アメリカのお泊り会の神話」。高校生にもなればもう大人というわけで、通過儀礼のように経験するであろう性的体験は早めに済まさなければならない。うぶな子供たちはそこに焦りを感じている。しかし、『アメリカン・スリープオーバー』が描くのは、実はそんなのは青春時代の神話であり、子供時代こそ素晴らしいんだということだった(個人的には一番好き)。
 次の『イット・フォローズ』はホラー映画となっていて、セックスを介して感染するという“それ”によって追い回されるという話。“それ”の解釈は様々だが、一般的には“死”そのものではないかとされている。セックスが未経験ならば“それ”はやってこないわけで、セックスによって“それ”(=“死”)に追い回されるということになる。
 セックスが“生”に結びつくのはわかりやすいが、なぜ“死”と結びつくのか。ここからは私の勝手な解釈だが、生物学の知見から考えるとわかりやすいと思う。たとえばアメーバーのような生物は分裂するだけで増えていくわけで、分裂した片割れはもう一方のコピーだから“不死”と言ってもいい。しかしヒトのような有性生殖の場合、オスとメスの遺伝子を組み合わせることで環境に対する対応能力を増したけれど、親の世代は必ず死んでいくことになる。つまりは有性生殖を選んだことで、“死”を抱え込むことになった(こうした議論は『自我の起原』という本に書かれているもの)。単なるホラー映画ではなく、生と死とセックスに関する洞察を感じさせる作品だった。

『アンダー・ザ・シルバーレイク』 サムはサラといい関係になりそうに……。しかし翌日彼女は失踪してしまう。

◆陰謀論的な見方
 さて、ようやく『アンダー・ザ・シルバーレイク』についてだ。サムはすでにいい大人であり、出会った人との挨拶のなかでは「仕事はどう?」といった言葉が社交辞令的に使われている。サムは適当に「順調だよ」などと誤魔化したりしているが、実は無職でありホームレス寸前の状態なのだ。それなのにサムは消えたサラを捜してばかりで、滞納した家賃のための金策に走ることもないダメな人間なのだ。
 かつてサムの彼女だった女の子は、今では看板広告に出るほど成功している。そんな彼女が語るのは「努力したから今がある」ということだった。一方でサムはと言えば、毎日、中庭から向かいの部屋を覗き見ているという体たらく(これは『裏窓』の引用)。ただ、サムには「こんなはずじゃなかった」という感覚はある。わざわざシルバーレイクまで来たのは成功したかったからで、こんなふうに怠惰な日々と過ごすためではなかったのだから。
 それが真っ当な方向へいかないのがサムのダメなところ。サムは世の中には隠された秘密があって、一部のセレブたちだけがそれを共有しているといった妄想に囚われていく。そして、その秘密を解き明かすことができればすべてが解決する。そのヒントを教えてくれるのが失踪したサラなのかもしれない。そんなふうに物事をこじらせていく。

◆サムがたどり着いたところは?
 紆余曲折を経てサラの元にたどり着くが、サラはすでに手の届かない場所にいる。そのサラが語るのは「間違ってしまったのかもしれないけれど、今さら元に戻ることもできないし、ここでやっていく」といった言葉だった。これはその後に引用される『第七天国』(←未見なので推測)の「うつむかないで。上を向いて」という台詞とも物事を肯定的に捉える点では似ているけれど、『第七天国』が希望を感じさせるのに対して、本作のサラの言葉は諦めムードも漂っている。
 その後のサムも自分が間違っていたことに気づく。多分、サムは家を追い出され、老婆の家の居候としてしばらく過ごすことになるのだろう。サラが感じていたような諦めと共に……。
 これは某映画サイトで誰かが書いていたことだが、サムは死んでいるのかもしれない。そうでなくともサムは死んだように生きていくのかもしれない。というのは、サムは酷い悪臭がすると何度も指摘されているからだ。つまり悪臭はスカンクの臭いではなく、死臭ということだ。
 前2作を踏まえて考えると、サムはもう子供ではないし、過度なセックスの幻影に惑わされることはないけれど、やはり死の影は常につきまとっているということだろうか。一度観ただけでは到底追いつかないけれど、今度もまたなかなか痛いところを突いてきたなあと感じた。

「アメリカン・スリープオーバー」2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]


イット・フォローズ [Blu-ray]


イット・フォローズ [DVD]


自我の起原―愛とエゴイズムの動物社会学 (岩波現代文庫)


Date: 2018.10.14 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (1)

『ブレイン・ゲーム』 あの作品の続編?

 監督は『トゥー・ラビッツ』のアフォンソ・ポヤルト(もしくはポヤート)。
 製作総指揮には主演も務めるアンソニー・ホプキンスが名前を連ねている。
 原題は「Solace」「慰め」という意味。

アフォンソ・ポヤルト 『ブレイン・ゲーム』 クランシー(アンソニー・ホプキンス)は超能力者。犯人役のコリン・ファレルは作品中にはなかなか出てこない。


 証拠もなく行き詰った連続殺人事件の捜査ため、FBI捜査官ジョー(ジェフリー・ディーン・モーガン)と相棒キャサリン(アビー・コーニッシュ)はある人物に助けを乞う。ジョーの旧友クランシー(アンソニー・ホプキンス)は一種の超能力者であり、彼の能力を借りて犯人を見つけ出そうというのだ。

 クランシーの能力は、触れたものの過去や未来のことがわかってしまうというもの。一般的には「サイコメトリー」などと呼ばれるものらしい。クランシーはジョーと一緒にFBIで働いていたこともあったのだが、ある悲劇によって引退してひきこもった生活をしていた。
 その悲劇とは娘の死だ。クランシーは娘の未来を予知することができたわけだが、娘の病(白血病)は彼の能力によってもどうすることもできない。クランシーは娘の闘病を横で見つめるだけで何もできず、ただ娘が苦しんで死ぬのを見守るだけだったのだ。
 そんな状況のクランシーは捜査への協力を拒むものの、たまたま触れてしまったキャサリンの未来の姿(血を流した姿)を見てしまい、前言撤回してジョーたちに協力することになる。
 しかし連続殺人に証拠は何も残っておらず、被害者に共通点も見当たらない。犯人は一体どんな目的で犯行を続けているのか?

 ※ 以下、ネタバレあり! 結末にも触れているので要注意!!

『ブレイン・ゲーム』 紅一点のキャサリンを演じるのはアビー・コーニッシュ。金髪でセクシー!

 被害者に共通点は何もない。そう思われていたのだが、クランシーは被害者の共通点を発見する。それは被害者が不治の病によって死ぬ運命にあったということ。それがわかったのはクランシーの特殊能力があってのことであり、つまりは犯人も同じような能力の持ち主ということもわかってくる。そして、犯人はクランシーたちの動きをすべて読んでいると宣言するような挑発的な手紙を送りつけてくる。
 実は犯人役のコリン・ファレルはなかなか登場しないのだが、その犯行動機はちょっと珍しいタイプのもの。というのも犯人チャールズは快楽殺人とか自己顕示とは無縁だから。彼は自分の連続殺人を、病によって苦しむはずの患者を事前に救ってやっている“慈悲殺人”だと考えているのだ。さらには「大いなる善には痛みが伴う」みたいな妄言を吐いてクランシーを驚かせる。
 そんな言葉を聞いたクランシーはもちろん反論する。被害者たちの時間を奪う権利はないはずだと。しかし、クランシーは結局チャールズの手のひらの上で踊らされていたようにも見える。というのも回想シーンでわかるのは、クランシーにとってチャールズの行動が「慰め」のようになっているからだ。
 チャールズの考えは極端すぎるし、ほとんど世間に受け入れられることはないだろう。当然クランシーもそれを否定するのだけれど、実際にはクランシーは痛みに苦しむ娘の声を聞き、それが耐えがたくて娘に死の平安を与えていた。その意味ではふたりにはどこかに共感がある。だからクランシーの予知のなかでチャールズは十字架の前に立つ姿で現れる。クランシーにとってチャールズは傍迷惑な存在ではあるけれど、同時に救い主のように見えたのだろう。
 最後に思い出したのは『デッドゾーン』の主人公の孤独だ。彼は未来が見えるために、未来を変えるか否かで逡巡する。未来が見えるのは彼だけであり、彼の未来を変えてしまう行動は誰にも理解されることはない。そんな男の孤独を癒すために、『ブレイン・ゲーム』がつくられたんじゃないかとも思えた。実際には本作は『セブン』の続編として企画されたものとのことらしいし、主人公がアンソニー・ホプキンスだけに『羊たちの沈黙』シリーズを思わせたりもするのだけれど……。
 未来が断片的に描かれる短いカットの連続などはMTV的で派手さもあって悪くないのだけれど、カーチェイスのスピード感のなさにはガッカリさせられたりもしたり、超能力者ふたりが対峙する場面には拍子抜けしたのだけれど、総じて楽しめる作品となっていたと思う。

デッドゾーン [DVD]


Date: 2018.10.13 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (0)

『かごの中の瞳』 あなたしか見えないって?

 監督は『プーと大人になった僕』などのマーク・フォースター
 原題は「All I See Is You」

マーク・フォースター 『かごの中の瞳』 目の見えないジーナ(ブレイク・ライヴリー)は角膜移植によって視力を取り戻し……。

 目の見えない美しい妻ジーナ(ブレイク・ライヴリー)と、彼女を献身的に支える夫ジェームズ(ジェイソン・クラーク)。ふたりはジェームズの赴任先であるタイのバンコクで満ち足りた生活を送っていた。しかし、ジーナが角膜移植によって視力を取り戻すとちょっと事情が変わってくる。
 作品内で詳細な説明はないのだが、ジーナとジェームズが出会ったのは、ジーナが交通事故によって視力を失った後のことらしい。つまりジーナはジェームズの顔を知らずに結婚したということ。だとすればジェームズは最初から角膜移植手術には慎重であってもよさそうな気もするのだが、なぜかジェームズは手術に賛成する。尤もそれはジーナの幸せを願ってのことなのかもしれない。ジェームズは彼女の世話を「自分の特権だ」と言うほど彼女のことを愛してやまないから……。
 そしてジーナの手術は成功し、彼女は次第に視力を取り戻していく。これまでと世界が一変するわけだが、ジーナは様々な色に溢れる世界に驚きつつも、久しぶりに見えるようになった世界は想像していたものとは違っていてちょっと失望したりもする。初めて見るはずのジェームズの顔についても、ちょっと想像と違うというだけであまり触れることもない。ジェームズなしでは不便だった日々の生活も自由になり、着飾ってメイクもするようになったジーナは今までとは違う生活を求めていくことになる。

 ※ 以下、ネタバレもあり! ラストにも触れているので要注意!!


『かごの中の瞳』 ジーナ(ブレイク・ライヴリー)は近所の子供と一緒に弾き語りをする。それはジェームズに向けた歌でもあった。

 
 ジェームズという支えがいなければ生活もままならなかったジーナは、視力を回復したことで自由になる。自由になった若くて美しい女性が、やさしいけれど堅物で退屈なジェームズから離れていくことは予想通りの展開だろう。
 ジーナはそれまで見えなかった分も楽しみたいという気持ちでいっぱい。それなのにジェームズは彼女のこれまでとは違う行動についていくことができず、彼女が誘ったダンスにも「ダンスなんてバカに見えるじゃないか」と嫌がるのだ。
 その後のスペイン旅行ではジーナの姉夫婦たちと再会するが、姉の旦那はどう見ても“バカ”そのもの。この“バカ”というのは、“バカ”になって人生を楽しむことができるという意味であり、ジェームズは堅物すぎてそれができないのだ。ジーナと姉夫婦の3人が覗き部屋で楽しむとき、ジェームズはそれを断るのも“バカ”になれないジェームズの哀しい本性が出ている。
 というよりはジェームズこそが真の覗き魔であり、覗きと同じように目が見えないジーナを相手にするのがよかったのであって、ジーナに見られていると萎えてしまうのだ。

 そうなるとジェームズは元の状態に戻ることを求めるわけで、ジーナの使う目薬に細工を施すことになる。ラストの展開は様々な解釈があり得るように思えた。ジーナは本当に再び盲目となったのか?
 本当に盲目となることを選んだのなら『春琴抄』的な愛の話ともなるのかもしれない。ジーナは原題にもあるように「あなたしか見えない」と歌っていたわけだし……。あるいは盲目のフリをしているだけだったとしたら、「あなたしか見えない」という意味は「お前を見張っているぞ」というメッセージだったのだろうか。私は前者かと思って見ていたのだけれど(ジェームズが恥じ入っているように見えたから)。どちらにしてもジェームズという男のあまりにも情けない姿には、かえってかわいそうになって同情してしまったくらいだった。

Date: 2018.10.04 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (1)

『クワイエット・プレイス』 劇場ではマナーを守りましょうという映画?

 監督はジョン・クラシンスキーという人で、重要な登場人物リーを演じてもいる。初めて見る顔かと思っていたのだけれど、役者として『デトロイト』なんかに出ていたらしい。本作では、ジョン・クラシンスキーはエミリー・ブラントと夫婦役を演じているが、ふたりは実生活でも結婚しているとのこと。

ジョン・クラシンスキー 『クワイエット・プレイス』 主演はエミリー・ブラント。彼女の役柄は妊娠している女性。声を上げたら即死なのに……。

 この作品では世界は“何か”によってほとんど壊滅状態にある。その“何か”は音に反応して現れるらしく、音を立てれば人間は生きてはいけない状況なのだ。本作は“何か”が地球上に現れてから89日目の時点からスタートするのだが、その時点で街の機能は停止し、主人公たち家族以外の姿は見えない。
 実際には街から離れた場所にひっそりと暮らしている人がいることも推測されるのだが(夜のかがり火によって)、音を立てることが命を落とすことにつながるために、行動を制限されるため家族以外の誰かとコミュミケーションをとることも難しいということなのだろう。電話が鳴ったりしたら即死亡という状況では気軽に連絡することも憚られるというわけだ。
 リー(ジョン・クラシンスキー)とエヴリン(エミリー・ブラント)の夫婦が家族と共に生き延びてきていたのは、日常生活の動線となる場所には砂を敷いて消音を図るとか、足音を最小限にするために裸足になるとか工夫をしていたからなのだろう。さらに彼らの娘リーガン(ミリセント・シモンズ)が聴覚障害者のため、家族内で手話を使うことができたからなのかもしれない。

 ※ 以下、ネタバレもあり! 結末についても触れているので要注意!!


『クワイエット・プレイス』 監督のジョン・クラシンスキーは、リー役としてスクリーンにも登場する。リーガン役のミリセント・シモンズは実際に聴覚障害者なんだとか。

 キャッチ・コピーにある「音を立てたら、即死」という設定は『ドント・ブリーズ』を思わせるけれど、『ドント・ブリーズ』の舞台が一軒屋のなかだけの話だったのに対し、『クワイエット・プレイス』ではその範囲が世界全体にも及んでいる。したがって逃げ場がないとも言えるのだけれど、世界は広大なわけで、少しの音なら大丈夫ということでもある。だから大きな音さえ立てなければ、リー一家にも平穏な生活がある。
 ここから先はネタバレだけれど、音に反応する“何か”とは、宇宙から飛来してきたモンスターだ。彼らは外皮が硬い物質でできていて、目は見えないらしい。ただ聴覚だけは異常に発達していて、生物が動く音などを感知するとそれを襲撃して捕獲する。その動きは素早くて、ガタイも人間よりはデカイので戦ったらほとんど絶望的だ。
 ホラー映画では絶叫クイーンなどと呼ばれる女性が登場して、モンスターに遭遇するたびに絶叫して逃げ回るというのが定番のパターン。しかし本作ではそれは封じられている。というのは絶叫すれば即死亡を意味するから。
 だから登場人物たちも息をひそめるようにして生活しているわけで、それを見守る観客としても息をひそめて見守るほかない。だから絶叫クイーンがモンスターから逃げ回るのを、ポップコーンをガサゴソやりながら楽しむ感覚ではない。ちょっとの音さえも気になって緊張感が持続する作品になっているのだ。そんな意味では静かな劇場でほかの多くの観客と見るのが一番なのだろう。多分、ひとりで見てもあまり緊張感は味わえないような気もするから。

 もっともツッコミどころは多い。長男がモンスターに殺される場面で子供が予想外の行動をしてしまうのは学んでいるはずなのに、すぐにまた妊娠しているのはちょっと唖然とするし、生まれた子供が実におとなしく泣き声すらも上げないというのはやはりご都合主義ということになるだろう。それでも95分という時間に必要最低限のエピソードだけをテンポよく盛り込んでいて、楽しめる作品になっていた。監督でもあるジョン・クラシンスキーの最期の場面はちょっとカッコつけすぎだと思うけれど……。

 唐突に現れたモンスターに人間世界も変わらざると得ないという状況はなかなかおもしろかった。今ある生活は、この世界からほとんどの外敵を排除してきたからこその“文化的な生活”ということだろうか。外敵がすぐ近くにいては大きな音を立てることはもちろんのこと、歌うことも踊ることも憚られるわけだから。
 そんななか、劇伴以外で流れる唯一の音楽がニール・ヤング「Harvest Moon」だったのも個人的には嬉しかったところ。ちなみに「Harvest Moon」の歌詞を確認してみると、旦那から妻へのラブレターのような内容で、それは劇中の夫婦の話でもあるけれど、現実の監督と主演女優の話でもあるのかもしれない(つまりノロケ)。

Harvest Moon


Date: 2018.09.30 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (4)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR