FC2ブログ

『来る』 上のほうの人って誰?

 『下妻物語』『嫌われ松子の一生』などの中島哲也監督の最新作。
 原作は澤村伊智『ぼぎわんが、来る』

中島哲也 『来る』 なかなか豪華な出演陣。小松菜奈はピンクの髪というイメチェンを。

 この作品は3部構成となっていて、主人公は次々と交代していく。
 田原秀樹(妻夫木聡)は調子が良すぎる男でイクメンを自称しているものの、子育ては妻に任せきりで、ブログのなかでは嘘くさいほどの幸せな家族の姿を演じてばかりいる。その妻・香奈(黒木華)は夫の外面のよさと実際とのギャップに苛立ち、娘の知紗にも当り散らすほど追いつめられていく。そして、もうひとりの主人公はオカルトライターの野崎(岡田准一)で、彼は人を愛することができず恋人に堕胎させた過去がある。どの主人公もクズな人間で、中島哲也作品にはよく出てくる種類の人物と言える。
 そんな彼らが苦しめられることになるのが、“ぼぎわん”とも呼ばれる霊的な存在で、それは秀樹と香奈の娘・知紗をどこかへ連れ去ろうとする。秀樹は野崎のツテでキャバ嬢の霊媒師・真琴(小松菜奈)にも助けを借りて“ぼぎわん”と闘うことに……。

 “ぼぎわん”とは何か? なぜ知紗を狙っているのか? そこに具体的な説明はない。真琴も言うように、理由なんかはわからないけれど、何とかそれに対処することだけはできるということらしい。
 3人の主人公たちは子供に対する接し方で間違ってきた部分があることは確かで、最近は児童虐待のことが盛んに話題になったりもしたけれど、そんなのは昔からの話だよというのが民俗学の見解らしい。というか、虐待どころか昔は子供を間引きしてしまうことも度々行われていたとのことで、そうしたものが霊となって姿を現したのが“ぼぎわん”なのかもしれない。
 『渇き。』でデビューした小松菜奈は黒髪に制服というイメージがだったが今回はかなりイメチェンしているし、黒木華のどす黒い感じも初めて。そのあたりでは楽しめたとも言える。ただ、ラストのお祭り騒ぎはなかなか壮観だったけれど、騒がしいだけだったという気もする。

『来る』 比嘉琴子(松たか子)は日本最強の霊媒師。ラストの闘いでは白装束を。

 気になったのは松たか子が演じる琴子の台詞(以下、私の思い込みである可能性も)。琴子は“ぼぎわん”を秀樹のマンションに呼び込み、祓いの儀式を行うことになる。琴子は警察のお偉いさんまで駆り出し、マンションから住人すべてを人払いしてまで盛大な儀式が行われる。その際の琴子の台詞が、「私がつながっているのはもっと上のほうの人だから」といった内容だった。作品内ではそれ以上その話題が触れられることもなかったし、その人物が登場することもないのだが、“上のほうの人”とは誰のことなのだろうか?
 琴子は日本最強の霊媒師という触れ込み(真琴の姉でもある)。儀式にかき集められているのは、神主や沖縄のユタとか、韓国の祈祷師なんかも混じっている。そうした業界のなかで一番上のほうに居るのは誰かと考えると、それは天皇ということになるんじゃないだろうか。
 天皇は憲法で定められた国事行為というものをすることになっているが、仕事はそれだけではないわけで、本来(?)の仕事は祭祀ということになるのだろうと思う。ウィキペディアによれば、宮中祭祀と言われるものがそれで、天皇は「国家と国民の安寧と繁栄を祈る」ことが仕事ということになる。
 琴子にわざわざ天皇とのつながりを仄めかせたのは、来年で終わる予定の「平成」という時代が意識されていたからだろうか。前作の『渇き。』でも、わざわざ原作とは名前を変更してまで「昭和」風の男を登場させてもいた(役所広司演じる藤島昭和)。
 天皇と近い位置にいるという琴子は、ラストの闘いを最後に姿を消すが、死んでしまったか否かは明らかにはされない。これは生前退位することになる今上天皇と同様の去り方を意識しているのかもしれない。
 本作が「平成」を仄めかすという意図があるとするならば、琴子は“ぼぎわん”を退散させて知紗を取り戻したものの、「こんなみっともない祓いは初めて」だとも語っていたわけで、これが「平成」に対する中島監督の総括ということになるのだろうか。

ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫)



スポンサーサイト
Date: 2018.12.11 Category: 日本映画 Comments (2) Trackbacks (3)

『ヘレディタリー/継承』 家族の不和とオカルト

 監督・脚本のアリ・アスターは本作がデビュー作とのこと。
 原題の「Hereditary」とは、「遺伝性の」とか「先祖代々の」といった意味。

アリ・アスター 『ヘレディタリー/継承』 長女のチャーリーを演じたミリー・シャピロ。何かよくわからないけどとにかく怖い!


 グラハム家の祖母・エレンが亡くなり、エレンは娘のアニー(トニ・コレット)に手紙を遺している。そこには「失ったものに対して絶望しないで。最後にはきっとその価値が分かるから。」といったことが書かれている。エレンはアニーたち家族に何を遺していったのか?

 海外の映画祭などでは批評家のウケがとてもよく、一方で一般の映画ファンから意外と不評という作品。ホラー映画をつぶさに追っているわけではないので批評家の評価がどの辺りにあるのかはよくわからなかったけれど、怖い作品だったとは言える。何か怖いかと言えば、“顔”ということになるだろうか。
 予告編でも存在感を出しているチャーリー役のミリー・シャピロの不気味さに底知れぬ怖さを感じていたのだけれど、それは前座でしかなく、それ以上に怖い存在がアニーであり、アニーを演じたトニ・コレットの顔芸が本作の見どころとも言えるかもしれない。

『ヘレディタリー/継承』 アニー(トニ・コレット)はドールハウスのなかの人物を見守る。

 アニーの職業はドールハウス作りであり、彼女は自分の家で起きた出来事を作品にしている。なぜそんなことをしているのかと言えば、アニーの家では信じられないような悲惨な出来事が頻発していて、母親エレンは解離性障害で兄は自殺していたりもする。そんな状況だからアニーも夢遊病になったりして、グループセラピーのようなものに顔を出して精神的苦痛をケアしようとしている。
 つまり、ドールハウス作りはアニーにとって箱庭療法的なセラピーの意味も持つらしい。そうでなければ劇中で起きた衝撃的な出来事まで細かく再現しようとするわけもないからだ。しかし、そのドールハウスを壊してしまったことで、アニーはさらに精神的に追い込まれていくことになる。
 冒頭のシーンでは、ドールハウスの部屋がそのまま映画のなかの長男ピーター(アレックス・ウルフ)の部屋のシーンにつながっていく。ドールハウスはアニーのコントロール下にあるけれど、実際のハロルド家はさらに大きな何かに操られてもいる。それが祖母エレンが崇拝するペイモンという悪魔の力ということなのだろう。

 ちなみに『ヘレディタリー/継承』は、『普通の人々』(ロバート・レッドフォード監督)あたりの“家族もの”が重要な要素となっているようだ(公式サイトにはいくつかの映画の名前が挙がっている)。確かにアニーとピーターの諍い、それを見守る父親(ガブリエル・バーン)、そんな関係性はよく似ているし、食卓での言い争いは壮絶なものがあった。しかし、それは長く続かない。それに代わり超常現象が頻発するようになり、アニーが壁を這っていったりするうちに家族関係のことはすっかりどこかへ行ってしまったように感じられた。
 “家族もの”が深く見つめるはずのトラウマの部分を、本作ではすべてエレンが残した呪いという一事で解決してしまうようでもあった。衝撃的な事故のときのピーターの現実逃避的振る舞いも、アニーの精神崩壊とその回復も、すべてはペイモンの仕業ということで済ませられるからだ。家族の不和という題材とオカルトという組み合わせは風変わりで、新味があるのと同時に慣れ親しんだものとは違ってちょっと戸惑ったというのが正直なところだろうか。

 ラストはおどろおどろしいけれど、エンドロールのジョニ・ミッチェルの曲「青春の光と影」(歌はジュディ・コリンズ)は妙に明るい。多分、呪いをかけたエレンの立場からすれば、このラストは素晴らしく価値のあることなんだろうと思う(歌詞も意味ありげ)。そこがかえって不気味でもあった。

普通の人々 [DVD]


Date: 2018.12.06 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (3)

『イット・カムズ・アット・ナイト』 疑心暗鬼が一番怖い

 長編デビュー作となった『Krisha』(日本未公開)が評判だったらしいトレイ・エドワード・シュルツ監督の第2作。
 最近『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』『ヘレディタリー/継承』などでも何かと評判となっているA24の製作。

トレイ・エドワード・シュルツ 『イット・カムズ・アット・ナイト』 「夜には赤いドアを閉めること」がこの家のルール。

 本作の舞台となるポール(ジョエル・エドガートン)の家は、山のなかにある一軒屋。家の外には人を死に至らしめる何かがいる。そのためポールの家には入り口はひとつしかなく、そこは赤いドアによって閉ざされている。
 ある日、そこに闖入者が現れる。ウィル(クリストファー・アボット)一家は水を求めて彷徨ううちにポールの家にたどり着いたらしい。ウィルは家畜を持っているために、ポールは水と交換にウィルを家に招き入れることになる。しかし、ある夜、閉ざされているはずの赤いドアが開いていることが判明する。一体誰がやったのか?

 この作品の世界では人類の大半が死に絶えているらしく、わずかながら生き残った人が何かに怯えながら暮らしている。ちょっと前の『クワイエット・プレイス』と似た状況だが、人類の大半が死ぬことになった“それ”の正体が何なのかがわからない点が違うところ。
 端的に言えば、『イット・カムズ・アット・ナイト』の“それ”とは、劇中に登場するブリューゲルの絵にあるようなペストと同様の病原菌の類いということになるだろう。だから『クワイエット・プレイス』のようにバケモノが姿を現して大暴れしたりすることがない点で肩透かしを感じる観客も多いのかもしれない(出てきてがっかりする場合も多いから、これはこれでよかったと思う)。

『イット・カムズ・アット・ナイト』 ポール(ジョエル・エドガートン)と息子のトラヴィス(ケルビン・ハリソン・ジュニア)。トラヴィスは奥さんの連れ子ということだろうか?

 ポールたちはガス・マスクを着けて、“それ”に感染することを防ごうとしているのだが、病原菌が空気感染するのなら夜だけ気をつけてもあまり意味がないはず。それでも夜に赤いドアを閉ざすのは、暗闇が恐ろしいという人間の心理によるのだろう。本当は何もいないはずなのに、見えないどこかに何かが潜んでいるかもしれないと恐れることこそが、“それ”という何がしかの敵を生み出してしまうのだ。実質的な主人公とも言えるトラヴィス(ケルビン・ハリソン・ジュニア)が見る悪夢も、見えない何かを恐れるが故のものだろう。
 ポールが家族を守るために課すルールは、“それ”対策のためのものだ。そのひとつが「夜には赤いドアを閉めること」だが、ほかにも「家族以外は信用するな」とか、「感染したら殺害して火葬処理する」という残酷なルールもある。
 そして、暗闇のなかに“それ”を見出してしまう人間は、自分たちとは違う人間――たとえば家族以外の人間を恐れることにもなる。ポールたちはウィルたち家族を疑い、ウィルたちはポールたちを恐れ、互いに疑心暗鬼に駆られる。そこでは“それ”とは別の敵を自らが生み出してしまうことになり、外にも内にも敵だらけということになり悲劇が起きることになる。

 ポールにとって家族というのは守るべき大事な存在だ。そのためには最初に“それ”に感染した祖父は始末するしかなかった。それによってポールと奥さんとトラヴィスの3人は生き永らえることになる。
 ただ、ラストで犠牲になるのはトラヴィスである。祖父の犠牲は老い先短い老人だったからとあきらめられたものの、将来がある息子が犠牲になった場合はどうか? 感染したトラヴィスを始末して、夫婦ふたりだけで生きていくことは可能なのか。さらにもし伴侶のどちらかが感染したら、独りになっても相方を殺して生きるのか。果たしてそんなことまでして生きることに意味があるのか。そんな酷く嫌なことを考えさせるラストカットが秀逸だった。
Date: 2018.12.03 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (1)

『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』 フリードキン自身が最も愛する作品

 監督は『エクソシスト』『フレンチ・コネクション』などのウィリアム・フリードキン
 もともとのこの作品のオリジナルはアンリ=ジョルジュ・クルーゾー『恐怖の報酬』(1953年)で、ウィリアム・フリードキンがそれをリメイクした本作は1977年のもの。当時は大ヒットした『スター・ウォーズ』と同じ時期の公開となったこともあって、割りを食ってしまったところがあるようだ。【オリジナル完全版】と題されているのは、日本公開時には30分近くもカットされたバージョンとなっていたから。
 原題は「Sorcerer」「魔術師」という意味。

ウィリアム・フリードキン 『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』 クライマックスの吊り橋の場面。トラックの重量感が凄まじい。

 殺し屋に爆弾テロリスト、破産した投資家に、追われているアイリッシュ・マフィア。様々理由で南米にやってきた4人の男たち。そこでの酷い生活から逃れるために、命がけの仕事をすることになる。それはニトログリセリンを積んだトラックで320キロの密林のなかを進むというものだった。
 とにかくハラハラドキドキの連続でスクリーンから目が離せない。説明的な台詞は廃して、ほとんど映像だけで描かれていく。本作公開時にはCGなどはなかったわけで、すべて本物である。
 爆弾テロやカークラッシュの場面の破壊の凄まじさには目を見張る(ケガ人は出なかったんだろうか?)。廃車寸前のボロいタクシーも凄かったけれど、飛行機の薄汚さにもビックリだった(飛ぶ棺桶というか、掘り出してきたばかりの棺桶のようだった)。ジャングルの風景は実際に南米に行って撮影しているものだし、その緑の色合いと暑苦しい感覚はやはりセット撮影では出せないものだろう。
 当初の計画ではスティーヴ・マックイーンやマルチェロ・マストロヤンニなどキラ星の如きスターたちの起用を検討していたようだが、こうした劣悪な撮影状況を嫌ったスターたちは出演を断ったらしい。確かに撮影現場が酷い環境であったであろうことは出来上がった本作からも窺える。それでも本作はそんな状況で撮影されたからこその、本物志向でなければ誕生することのなかった貴重な作品になっていたと思う。

『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』 南米のジャングルで撮影された作品。この状況では大スターが出演を辞退するのもよくわかる。

 本作のクライマックスは、トラックが暴風雨のなか壊れかけた吊り橋を渡っていくところ。CGでやったとしても似たような絵面はつくれるのかもしれないけれど、泥のような大河の上で実際に撮影したものとは伝わるものは違うような気もする。CGでは「よく出来たCGだな」と感心するのに対して、本物志向の場合は「よくもそこまで……」といった狂気のようなものすら感じるのだ。
 最後にひとりだけ取り残されるアイリッシュ・マフィアのスキャンロン(ロイ・シャイダー)はトラックを捨ててニトロの箱を持ったまま目的地に向かって執念で進む。逃亡する前に「where am I going?」と訊ねていたスキャンロンだが、着いたところは地獄だったようだ。トラックが止まってしまう岩山の雰囲気は、表現主義の作家がつくった地獄谷のようで印象に残る。
 原題には“魔術師”という言葉が選ばれている。これは“魔術師”というか意地の悪い神のようなもので、本作は何かに操られるようにして地獄に向かっていく4人を描いていく。ウィリアム・フリードキンはそこに運命的なものを込めたかったらしいのだが、映画が終わったあとの感覚は何とも言い難いものがあった。クルーゾー版すらもビデオで観たきりだったのだが、本作はぜひとも劇場の大きなスクリーンで観るべき作品となっていると思う。

アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督『恐怖の報酬』Blu-ray


恐怖の報酬 [DVD]


Date: 2018.11.30 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (0)

『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』 殺し屋が次に狙うのは?

 ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品『ボーダーライン』の続編。
 今回の監督はドゥニ・ヴィルヌーヴではなく、『暗黒街』などのステファノ・ソッリマ

ステファノ・ソッリマ 『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』 前作では真ん中に居たケイト(エミリー・ブラント)は登場しない。タイトルロールはアレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)だから。


 メキシコからの不法入国者が爆弾テロを企て15人の市民が犠牲になるという事件が起きる。アメリカ政府はテロには屈しないとの声明を出し、さらに裏ではCIAの特別捜査官のマット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)を使い、テロを支援したとされるメキシコの麻薬カルテル内に抗争を引き起こそうと画策する。

 この作品の原題は「Sicario: Day Of The Soldado」となっている。つまり本作のタイトルロールはSicario(殺し屋)であるアレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)であり、前作で観客の目線の役割を担っていたケイト(エミリー・ブラント)は登場しない。
 今回もマットとアレハンドロが共闘し、メキシコとアメリカの国境を舞台にした麻薬カルテルとの熾烈な戦いが繰り広げられる。マットの作戦は、カルテルのリーダーの娘イザベラ(イザベラ・モナー)を誘拐し、敵対する別組織のせいにして抗争を勃発させようとするもの。しかし計画は途中で頓挫、メキシコの警官たちまで殺すことになってしまい状況が変わる。「ダーティなこと」もやむを得ないと腹を括っていたはずのアメリカ政府は、前言を撤回し作戦を中止することに……。

 ※ 以下、ネタバレもあり!

『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』 アレハンドロはイザベラ(イザベラ・モナー)を助けて国境を渡ろうとするのだが……。

◆テイラー・シェリダンの脚本から
 この続編では監督も撮影監督も前作と変わってしまったが、未だ留まっているのが脚本のテイラー・シェリダン。彼の作品では弱肉強食の無法地帯に生きる人々が描かれるが、彼の視線は強者たる無法者たちに苦しめられる弱者のほうを向いているんじゃないか。そんなことを『ウインド・リバー』のときに書いた。
 本作における無法者たちは麻薬カルテルの人間であり、それに対抗しようとするマットやアレハンドロも似たようなもの。それでも一番タチが悪いのは、騒動の発起人でありながら知らん顔ですべてを闇に葬ろうとするアメリカ政府かもしれない。
 前作ではマットもアレハンドロも国家権力を利用している風にすら見えたのだが、本作でははしごを外されて酷い目に遭うことになる。そんな意味では彼らも屠られる側(弱者)になってしまったということも言えるかもしれない。
 実際、アレハンドロはカルテルの一味につかまって死にかけることになる。たまたま生き延びることにはなったけれど、それは単なる偶然であり、アレハンドロが強者だったからではない。また、本作ではアレハンドロの過去が一部明らかにされるが、彼の亡くなった娘はろうあ者だったようで、このあたりでもアレハンドロが生まれながらの暗殺者ではない普通の市民であり、弱者でもあることが強調されているようだ。
 それから新たなキャラとしてメキシコの少年ミゲル(イライジャ・ロドリゲス)が登場する。ミゲルはつつましい暮らしから脱しようとして麻薬カルテルに入ることになるが、似たような立場の少年がミゲルの前に無惨に殺されたように、彼も一歩間違えればという危うい位置にいるのだ。楽して稼ごうなどと無法地帯に足を踏み入れた庶民(弱者)は、前作の黒人警官と同様に無法者たちの餌食になることがオチであり、ミゲルが生き残ったのもたまたま運がよかったということだろう。テイラー・シェリダンは前作でも麻薬戦争の犠牲者である黒人警官のエピソードを丁寧に描いていたように、ミゲルが重要なキャラクターであることは間違いないだろう。

◆疑問を残したまま次へ
 ラストではミゲルに対しアレハンドロがSicario(殺し屋)としてスカウトする場面で終わる。ちなみに『ボーダーライン』は3部作の構成となっているらしく、本作にはさらに続きがあるのだ。
 アレハンドロがSicarioになったのには「家族を殺されたから」という理由があったが、ミゲルにはそこまでの強い動機はないわけで、アレハンドロがミゲルをスカウトした狙いが何なのかは次作に持ち越しということになるだろう。
 改めて考えればアレハンドロは元検事だった。つまりは国家の手先として法の番人だったということになるだろう。しかし麻薬カルテルに家族を殺されたことで立ち位置を変えることになる。法によっては裁けない無法者たちを密かに殺すSicarioとなり、法を犯す側に回ることになるのだ。
 アレハンドロの立ち位置の変更は、実は国家のそれと同様のものなのかもしれない。国家は「表の顔」と「裏の顔」を使い分けているからだ。国家は表では法治国家を名乗るが、裏では治安維持のためなら法を破るからだ。
 だから私は先ほど一番タチが悪いのは国家かもしれないと言ってみたけれど、アレハンドロが最終的に目指すところも国家とそれほど違いはないという点では似た者同士なのかも(国家は治安維持が目的で、アレハンドロは私怨を晴らすことが目的だが)。アメリカ政府に裏切られマットとアレハンドロが敵対するような形になったときも、「やるべきことをやれ」と言うだけだったのはアレハンドロにはそうした理解があったのだろうか。
 そんなアレハンドロが人質であるイザベラを最後まで守ろうとしたのはどういうわけだろうか。亡くなった娘と重なったのかもしれないが、前作の最後で子供たちも情け容赦なく始末していたのとは対照的とも言える。様々な疑問も残るが、これらも次作に持ち越しということになる。そんなわけで次への橋渡し的な作品になってしまった感は否めないが、次を楽しみにしたい。
Date: 2018.11.27 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (2)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR